Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サンチョのマンU移籍が完全消滅! ドルトムント、2023年までの新契約締結を発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

 ドルトムントが10日、チームに所属する20歳のイングランド代表FWジェイドン・サンチョとの契約を延長したと発表。 【熱血サッカー動画】ブンデスリーガ日本人最多得点数に並んだ岡崎慎司の泥臭いゴール集  マンチェスター・ユナイテッドが獲得に向けた交渉を行っていることが報じられていたサンチョだが交渉期限の10日になっても合意に至らず。キャンプ参加メンバーの中にもサンチョの名前があったため、交渉決裂の可能性が高まっていたが、ドルトムントが契約更新を発表したことで今夏の移籍は完全に消滅した。  クラブの発表によると、サンチョとは2023年6月までの新契約を結んだという。ドルトムントのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は「サンチョのパフォーマンスを反映するために、昨年夏の時点ですでに給与を調整した。それに応じて、契約期間も2023年まで延長したよ。我々はサンチョを含めた計画を立てている。彼は来季もドルトムントでプレーする。その決定は最終的なものだ」と語っている。

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】