Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヤマト運輸が置き配対応のEC向け新配送サービス「EAZY」、「Yahoo!ショッピング」「ZOZOTOWN」で先行導入

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ネットショップ担当者フォーラム

ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸は置き配対応のEC事業者向け新配送商品「EAZY(イージー)」の提供を6月24日から始める。 「EAZY」はデジタル技術を活用し、EC利用者、EC事業者、配送事業者をリアルタイムでつなぎ、購入・配送・受け取りの利便性と安全性、効率性を向上、ECの持続的な成長を実現する「ECエコシステム」の確立に向けた新配送商品。 「EAZY」の概要は次の通り。 □ 非対面での受け取りニーズの多様化へ対応 玄関ドア前、自宅宅配BOX、ガスメーターBOX、物置、車庫、自転車のかご、建物内受付/管理人預けなど、多様な指定場所での受け取りに対応する。クロネコメンバーズの利用者は、コンビニエンスストアや宅配便ロッカー「PUDOステーション」、宅急便センターでの受け取りなどの選択も可能。 □ 受け取る直前まで受取場所の変更が可能 ヤマト運輸の配達員が配達する直前までWebサイトで受取場所の変更が可能。利用者の都合に合わせて、受取場所を自由に変更できる。宅急便と同様に、配達時間の指定もできる。 □ 配達完了情報のリアルタイム提供 配達完了後、リアルタイムに配達完了メールを購入者に配信する。非対面での配達を指定した場合、メールに記載されるURLから配達員が荷物を置いた場所を撮影した写真を確認できる。 □ 外部パートナーとの連携による高効率な配送の実現 外部の配送パートナー「EAZY CREW(イージー クルー)」と連携し、高効率な配送システムの実現をめざす。「EAZY CREW」はECエコシステムを構築する重要なパートナーとして位置付けて配送支援や教育、業務などをサポート。ヤマトグループのデジタルプラットフォームを通じて最適な輸送方法を解析し、持続的な関係性の構築をめざす。  

「EAZY」にイエナカ配送などの機能追加も予定

ヤマト運輸は2020年10月以降、「EAZY CREW」にEC事業者のサイト内で受取場所をあらかじめ指定できる機能を追加。これまでのコンビニエンスストア、「PUDO」、約1万店の宅急便取扱店も新たな受け取り場所として順次拡大する セキュリティの高い個人情報レス伝票の開発、何軒後に荷物が配達されるかがわかるリアルタイムトラッキングシステム、国土交通省に選定された「顔認証システムを活用した配送効率向上」による顔認証やスマートキーを活用したイエナカ配送などの機能追加も予定している。  

「Yahoo!ショッピング」「ZOZOTOWN」で先行導入

2020年3月にヤマトホールディングスと業務提携に向けた基本合意書を締結したZホールディングスでは、傘下のヤフーが「Yahoo!ショッピング」出店者に向けて「EAZY」の申し込みを6月25日からスタート。7月以降、一部ストアから「EAZY」の提供をスタートする。 「EAZY」を導入した「Yahoo!ショッピング」店舗で商品を購入すると、ユーザーは購入後に送られてくるメールから専用サイトにアクセス、その時々の予定や天気、気分などにあわせて、最適な受け取り方法を選択できるようになる。 また、ZホールディングスグループのZOZOは6月24日に「EAZY」を導入。「非対面受け取り」を始める。