Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マイクは個別で“飛沫対策”で記者席なし…厳戒態勢の名古屋ウィメンズ会見で話した選手たちの思いとは

配信

中日スポーツ

 東京五輪マラソン女子代表の残り1枠を決める最終選考会となる名古屋ウィメンズマラソン(8日、ナゴヤドーム発着)の招待選手7人が6日、名古屋市内で会見した。五輪代表は1月の選考会、大阪国際女子マラソンで松田瑞生(ダイハツ)が出した2時間21分47秒を切り、日本人最上位になるのが条件。該当者なしの場合は松田が代表になる。 【写真】大迫傑ガッツポーズ!また日本新  新型コロナウイルス対策のため、会見は厳戒態勢下で開かれた。報道陣のマスク義務付けはもちろん、出席した7人の選手には個別にマイクが用意された。ひな壇の正面は飛沫(ひまつ)感染の可能性を考慮して記者席が設けられなかった。がらんとした空間に日本全体を包む緊張感がにじみ出た。  選手たちは自発的にコロナ問題にふれた。野上恵子(十八銀行)が「一般ランナーは走ることができない。感謝しながら自分の走りをしたい」と語れば、岩出玲亜(アンダーアーマー)は「大会が開催されること自体がうれしい。岩出の走りで元気が出たという言葉を聞けたら」と使命感を口にした。  大会当日は沿道での応援を自粛するよう広く呼び掛けられている。2年連続の出場となる福士加代子(ワコール)は「名古屋は道が広く、(歩道まで)遠いから声援があまり聞こえない。気にならないのでは」とレースに集中する構えだ。

【関連記事】