Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

au PAYに統合された「Ponta」を使ってみた Apple Payなら還元率と利便性が向上

配信

ITmedia Mobile

Pontaポイントの使い道が広がる

 au PAYアプリ自体は、ちょっとゴチャゴチャしている印象ではあるが、Pontaカードとバーコードを示して決済をするのであればそれほど難しくはない。Apple Pay+ローソンと限られた環境だが、タッチするだけでダブルでポイントがためられるのも便利だ。  Pontaポイントの使い道が広がるのもうれしい。通常、ポイントで支払いをすると、決済額から割引をした上で、残った支払額に対してポイントがさらに付与されるが、ポイントをau PAYにチャージすれば決済額にそのままポイントが付与されるので、単にポイントを使うよりもお得になる。例えば1000円の支払いに600ポイントを充当すると、残り400円分を支払うことになり、その400円に対してポイントが付与される(1%還元なら4ポイント)のだが、600ポイントをau PAYにチャージして使うと、1000円の支払い全体に対してポイントが付与される(1%還元なら10ポイント)。  d払い、楽天ペイ、LINE Payといった具合に、クレジットカードとコード決済の組み合わせを重視するサービスは多い。au PAYもコード決済とクレジットカードを組み合わせることで、手広く決済をカバーしてユーザーを拡大させたい考え。Pontaとの統合によって利用範囲を拡大したことに加え、au PAYカードの発行をauユーザー以外にも拡大したためにようやくスタートラインに立った形で、今後の巻き返しのため、さらなるサービスの拡大を期待したいところだ。

ITmedia Mobile

【関連記事】