Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

何歳から持たせる? 目が悪くなる? 外出自粛で心配な子どものスマホ・ゲーム事情

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

防犯や連絡手段、さらには子どもが友達の話に入れるようにと、様々な理由で子どもにスマホやゲームを持たせている家庭は多いと思います。 タブレット学習が普及し、勉強面で使う機会も増えた一方で、スマホやゲームの使い過ぎで子どもの「睡眠障害」が出てきているのはご存知ですか? 睡眠障害は「勉強」や「発育」にも影響が出てしまうことがあります。 そこで今回、「ひとみの専門店」を運営する一般社団法人健康長寿は、全国5歳以上15歳未満の子を持つ母親を対象に、「子どものスマホ・ゲーム事情」に関する調査を実施しました。

スマホ・ゲーム機は何歳から?

はじめに、いつから子どもにスマホやゲーム機を持たせているのか伺っていきたいと思います。 「スマホまたはゲーム機をいつから持たせましたか?」と質問したところ、『未就学児(23.9%)』『小学校低学年(42.1%)』と、比較的早いうちに持たせている家庭が多いことがわかりました。 そこで、持たせた理由を聞いたところ、『子どもが欲しがったため(44.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『連絡手段として(21.9%)』『子どもが友達と一緒に遊べるように(21.7%)』『防犯のため(4.4%)』『位置情報を確認するため(3.4%)』と続きました。 友達が持っているとついつい自分も欲しくなってしまいますよね。 なかには、持たせないことで友達の輪に入れないといったことを懸念している親もいるのかもしれません。 また、共働きの家庭などは連絡手段としてスマホを持たせるケースもあるでしょう。 しかし、スマホやゲームを与えると、新たな問題が出てきます。 「この中でついついやってしまうことはありますか?」と質問したところ、『使い過ぎで怒ってしまう(46.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『大人しくしてほしいときについ与えてしまう(23.5%)』『ご褒美に好きなアプリやゲーム機を買い与えてしまう(14.2%)』『こっそりスマホを確認してしまう(6.0%)』と続きました。 スマホやゲームを使いすぎると様々なリスクが浮かびますよね。 あまり使わせたくないという気持ちとは裏腹に、ついついこういった行動をとってしまうこともあるのかもしれません。

【関連記事】