Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Slack、社会復帰者をサポートする「Next Chapter」にDropboxとZoomが参加

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

Slackは、同社が取り組んでいる収監歴のある人がエンジニアのスキルを要する長期的な雇用を見つけるためのプログラム「Next Chapter」に、DropboxとZoomが参加し、自社組織内で同プログラムを立ち上げることを発表した。 米国には230万人が投獄されており、世界の刑務所人口の20%を占め、釈放後も失業率はほかの求職者の5倍にも上る。同社はこれらの個人に新しい機会を創出し、その統計をより良いものに変えるために元受刑者の見習いプログラムNext Chapterに取り組んでいる。 昨年Next Chapterのパイロットを卒業して以来、3人の元見習い全員がエンジニアとしてSlackにフルタイムで参加。 今年は8人の実習生がプログラムを開始し、財政的支援、専門的および技術的なメンターシップ、再入国サービスを受けるという。見習い者は、この夏と秋にそれぞれの会社で働き始めるという。 Next ChapterのプロジェクトディレクターであるNatrina Gandanaは以下のように述べている。 「このプログラムへの両社の関与は、改革を進める上で重要です。私たちの焦点は、以前は投獄されていた個人がこれらの地位を確保するのを支援することだけではありません。私たちの目標は、テクノロジーセクターを変革し、それを公平で包括的なスペースにすることです。」 また、Next Chapterのリエントリーディレクター、Kenyatta Lealは以下のように述べている。 「DropboxとZoomが追加されたことで、私たちは一緒にさらに幅広い影響を与えることができるでしょう。このパートナーシップは、私たちの会社と国がより公正で包括的な場所で働き、生活できるようにするために必要な長期的で体系的な変化に対処するための、小さくても意味のあるステップです。」

【関連記事】