Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初公開シーン満載!『キングスマン:ファースト・エージェント』最新予告が到着

配信

MOVIE WALKER PRESS

日本公開が9月25日(金)に決定したスパイアクションシリーズの最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』から、初公開シーンが多数盛り込まれた予告映像が解禁された。 【写真を見る】英国紳士親子の前に立ちはだかる”不死身の怪僧“ラスプーチンに戦慄! 表の顔はスタイリッシュな英国紳士である世界最強のスパイ組織のエージェントが、過激なアクションを繰り広げる「キングスマン」シリーズ。これまで『キングスマン』(15)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(18)とシリーズ2作が公開され、世界興行収入900億円超の大ヒットを記録した。前2作も手がけたマシュー・ボーン監督が引き続きメガホンをとった本作では、これまでベールに包まれていた“キングスマン”の誕生秘話が語られる。 到着した最新予告映像では、海辺の険しい崖の上に建つ館で密会をする怪しげな集団が「世界大戦を起こすことが我らの繁栄となる」と宣言し、世界に向けた攻撃を開始することで物語が始まる。 そして英国貴族のオックスフォード(レイフ・ファインズ)と息子のコンラッド(ハリス・ディキンソン)が迫りくる危機に立ち向かう決意を固め、高級テーラー“キングスマン”で身なりを整える様子や過酷な鍛錬、そして”不死身の怪僧“ラスプーチン(リス・エヴァンス)と対峙する姿が、スパイ組織”キングスマン”の精神ともいうべき「マナーが紳士を作る」というセリフとともに映しだされていく。 恒例の過激なアクションや多彩なガジェット、ユーモアはもちろんのこと、これまでのシリーズを上回る華麗さやスケールの大きさに期待が集まる最新作。どの国にも属さない最強のスパイ組織は、なぜ誕生したのか、なぜ人々はキングスマンを必要としたのか。ついに明かされる、彼らの “ビギニング”にご注目あれ。 文/トライワークス

【関連記事】