Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“卓球中心”の青森山田から“仕事と両立”のリコーへ それでも結果を出す男・池田忠功

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

水谷隼や丹羽孝希らを輩出した名門・青森山田高校出身で、高校時代の最高成績はインターハイシングルス3位。堂々たる実績を引っ提げ、実業団・リコー卓球部のレギュラーを張るのが池田忠功(いけだただかつ・27歳)だ。 【写真】名門・青森山田高校出身の池田忠功 池田は、青森山田中高から青森大学と10年間を「卓球中心」の環境で過ごしてきた。一方、現在所属するリコーでは、「仕事と卓球の両立」を掲げ、フルタイムで業務に従事したあと練習に取り組む。 大きく変化した環境下でも池田は、2020年の全日本でダブルスランク入りなど成績を残している。池田の学生時代から今に至るまでの卓球人生、そして今後思い描くキャリアに迫った。(取材:槌谷昭人・ラリーズ編集長)

青森山田時代は「地獄のような感じ」

――池田選手は青森山田中高から青森大と10年間名門で過ごされていました。まず青森山田中高ではどうでしたか? 池田忠功(以下、池田):上には松平健太さん、上田仁さん、神巧也さんらがいて、下には丹羽孝希、吉田雅己、町飛鳥。上下の世代に挟まれていて試合には確実に出れない。地獄のような感じでしたね(笑)。 ――地獄と言いながらも10年間いたのはどうしてでしょうか? 池田:強くなるにはこの環境が良いと思って残りました。団体戦に出るのは諦めて、個人戦で結果を出せるように頑張っていました。 ――1つ下の丹羽選手、町選手、吉田選手の黄金世代からの刺激はありましたか? 池田:みんな練習でも一生懸命やってくれるので、そもそも練習相手になりたいし、ゆくゆくは彼らに勝ちたいと頑張っていました。 彼らに勝てれば全国でも結果を出せるレベルなので良い目標でした。年下でちょっと気にくわないんですけど(笑)。1回だけ東北大会で町に勝ったことがあって、それが1番心に残ってます。

今も活きるブンデスリーガでの経験

――進学した青森大学ではどうでしたか? 池田:自分が2年生までは上田さんら上の代がいて、インカレで2位になるなど結果を残していました。ただ、自分より下の代の選手を獲らない方針に変わって、大学3、4年の時には選手がいなくて、団体戦が組めず寂しかったですね。 ――団体戦に出られない中、卓球生活はどうでしたか? 池田:モチベーションが少しずつ下がっていました。そのとき、青森山田のコーチで来られていた邱建新さん(現・木下グループ総監督)から「ブンデスリーガに来ないか?」とお声がけいただいて参加しました。 ――ドイツの卓球リーグ・ブンデスリーガでのプレーはどうでしたか? 池田:3年の時が3部で勝率7割くらいあったんですけど、4年生で2部に参戦すると3割くらいしか勝てなかったです。 でも、邱さんから練習方法や戦術、考え方を教えてもらって、今に繋がっていると思います。 ――今も大事にしている当時の教えはありますか? 池田:邱さんはいつも試合を想定したシステム練習を組みます。そういう練習メニューは今もやっています。 今は、仕事をしてから卓球をするので、やっぱり練習時間が短い。これまではいろんな技術をたくさん練習して苦手を補っていたんですけど、得意な得点パターンを作っていかないと勝てない状況になってきた。なので試合を想定したシステム練習は活きていると考えています。

【関連記事】

最終更新:
Rallys