Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界の美女アスリートが見せる、ONとOFFの華麗なるスナップ5選

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

様々な競技で活躍し、かつ世界中にたくさんのファンをもつ女性アスリート選手。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2021年7月23日から8月8日に開催されることが決まった東京オリンピックだが、来年その美しさを間近で拝めることを期待して、世界の美女アスリートたちのヘアメイクに注目。モデルとしても活動するチェコのカロリーナ・プリスコバ選手、日本の坂口佳穂選手など、5人のアスリートのONとOFFの美貌にフォーカス! 【写真】世界の美しいオリンピック選手たち

フランス/自転車 マチルド・グロ選手

自転車競技を始めて5年足らずで、2019年の世界選手権のスプリントで銅メダル、ケイリンで6位入賞という好成績を収め、日本のガールズケイリンに参戦するために一時期来日していた20歳のグロ選手。東京オリンピックでは、スプリントとケイリンの両方で出場を目指しているとか。ヘルメットの下からは、目ヂカラたっぷりの戦闘顔がのぞいている。 “イタリア人女子になりきり”というテキストとともにポストされた、優しい表情のオフショット(右)。スリークヘアをひとつにまとめ、メイクもミニマム。チョコレートカラーのネイルも、カフェにベストマッチ。

チェコ/テニス カロリーナ・プリスコバ選手

テニス女子シングルスWTAランキングで現在、世界3位(2020年3月16日付)で、1位にも上り詰めたことがある28歳のプリスコバ選手。コートでは、高い位置でタイトにまとめたシニヨンヘアが定番。 プライベートでは2018年に結婚。186cmという長身で、プロのモデル並みのスタイルを誇るプリスコバ選手。チェコのハイエンド誌『GRADE』のファッション撮影では、センターパーツのダウンヘアを披露。ハイライトと影のメリハリが効いたコントゥアーメイクで、コートとは異なるピュアヘルシーな魅力が開花(右)。

ロシア/新体操 アレクサンドラ・ソルダトワ選手

現在、21歳のソルダトワ選手。2016年はグランプリファイナルの総合優勝、2018年は世界総合銅メダルと、着実に競技人生を歩んできたものの、2020年に入り過食症の診断も。演技で映えるのは、スモーキーアイと赤リップの濃厚メイク。 オフショットでは澄んだ瞳が際立つ、目力たっぷりのカラーレスメイクを披露。ロブヘアにゆるやかなカールを加え、女性らしさ満点にフィニッシュ。

【関連記事】