Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『TENET テネット』で注目!キャット役エリザベス・デビッキが体現する女性像

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 クリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』で、一際鮮烈な印象を残すキャストが、ヒロイン、キャットを演じたエリザベス・デビッキ。190cm越えの長身が目を引く彼女だが、それ以上に類稀な演技力で、運命に抗う女性を魅力たっぷりに演じている。 【画像】『TENET テネット』フォトギャラリー  1990年にフランス・パリで生まれたエリザベスは、5歳でオーストラリアのメルボルンに移り住む。ダンサーの両親のもと、幼少期からバレエに興味を持ち、演劇に転向するまでダンサーとして練習を積んだ。その背景もあってか、『TENET テネット』では、ふとしたしぐさのひとつひとつが優雅で常に目を奪われる。

 大学で演劇の学位を取得し、奨学金にも選ばれるなど優秀な学生だった彼女は、2013年にレオナルド・ディカプリオ主演の『華麗なるギャツビー』(2012)でハリウッド進出。主人公のニックと親交を深める、時代の先を行くプロゴルファー、ジョーダン・ベイカーを凛とした立ち振る舞いで演じた。

 長い手足と長身も手伝い、どこか浮世離れした雰囲気も漂うエリザベス。マーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)では、黄金の惑星ソヴリンの女王アイーシャ役を、文字通り全身黄金で演じ、常に相手を見下す傲慢なキャラクターを魅力的に表現。『コードネーム U.N.C.L.E.』(2015)で演じた、卓越した頭脳を駆使して犯罪組織を率いる悪女ヴィクトリア役もはまっていた。

 『TENET テネット』は、アメリカのエージェント“名もなき男”(ジョン・デヴィッド・ワシントン)と相棒のニール(ロバート・パティンソン)が、「時間の逆行」を武器に、世界を救うミッションに挑む大作サスペンス。エリザベスが演じたキャットは、未来と現在を繋ぐ役割を持つ謎の武器商人アンドレイ・セイター(ケネス・ブラナー)の妻で一児の母。息子のために夫の支配に耐えていたが、セイターを追う名もなき男との出会いが彼女の運命を変えていく。

【関連記事】