Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「学業遅れ」は校長判断 コロナ影響の第2日程 共通テスト

配信

時事通信

 文部科学省と大学入試センターは30日、来年1月に行われる大学入学共通テストの第2日程について、新型コロナウイルスの影響で学業の遅れがあると校長が判断した高校生のみ受験できると発表した。  学業遅れの条件は設けず、休校期間や都道府県も問わない。  センター試験に代わり初めて行われる共通テストは1月16、17日の第1日程と同30、31日の第2日程があり、学業遅れを理由に後半を選択できる。  文科省とセンターによると、9月28日~10月8日に学校を通じて出願し、新型コロナによる学業遅れがあると校長が認めれば、第2日程を選択できる。浪人生は対象外。  両日程間の得点調整はしない方針。センターは「難易度に差が出ないようにする」としている。受験者数を把握し会場を確保するため、文科省は全国の高校を対象とした意向調査を7月に行う。  一方、病気などで第2日程を受験できなかった場合は2月13、14日に特例追試を実施し、センター試験用の緊急対応問題を初めて使う。共通テストと内容が違うため、大学側に募集の際の配慮を求めた。 

【関連記事】