Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

給付奨学金の適格認定って?どんな場合に奨学金の廃止や停止が起こる?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

日本学生支援機構奨学金(貸与型・給付型)の利用を継続するには毎年「奨学金継続願」を提出する必要があります。奨学生として引き続き適格性を有しているか否か等が判断され、奨学金が打ち切られる場合もあります。 また、奨学生にとっては、修学状況や生活状況を振り返り、奨学生としての責務を再確認する機会にもなります。 奨学金の適格認定の基準等を確認し、奨学金が打ち切られないように注意しましょう。給付奨学金は、交付済みでも返還が必要な場合があることを十分理解しておきましょう。

給付奨学金の適格認定の基準

「奨学金継続願(貸与型・給付型)」の提出にかかる書類は、毎年12月頃に、学校から交付されます。対象の学生は全員必ず提出します。インターネット経由で提出(入力)された「奨学金継続願」の記入内容と、平素の学業成績等を総合的に審査し、奨学金継続の可否を学校が判定します。 「奨学金継続願」を提出しないと、奨学生の資格を失い、4月以降の奨学金は振り込まれません。とても大切な手続きです。必ず期限までに提出することが大切です。初めての方は継続願の入力方法などについて、学校で開催される説明会には必ず参加しましょう。 「給付奨学金継続願」を提出(入力)すると学校は3つの観点から適格認定を行い、給付奨学金継続の可否を判断します。 ■適格認定の基準 (1) 人物について 生活の全般を通じて態度・行動が給付奨学生にふさわしく、修学の目的及び将来の展望を持っており、将来良識ある社会人として活動し、将来的に社会に貢献する人物となる見込みがあること。 (2) 学業について 修業年限で確実に卒業または修了できる見込みがあること。 (3) 経済状況について 修学を継続するために引き続き給付奨学金の支給が必要と認められること。 (※出典:奨学生の適格認定に関する施行規則第9条)

給付奨学金の適格認定に基づく判定結果

前述したように、適格認定に必要な書類が期限までに提出されない場合には、奨学金の貸与を継続する意思がないものと見なされ、奨学生としての資格を失います。 また、手続きを行った場合でも、学業不振等の場合には「廃止」・「停止」の処置等により、奨学金の交付の取り止めまたは停止の処置等を受けることがあります。 つまり、継続願を提出しても必ず継続して奨学金が給付されるわけではありません。日頃の学業にしっかり取り組むことが大切です。 ■適格認定の判定結果 (1) 廃止 給付奨学生の資格を失わせるとともに、次のいずれかに該当するときは、廃止の事由が発生した年度の始期までさかのぼり、その間に交付した給付奨学金を返還させる。 ・学業成績が次条第3項の表に定める給付奨学生適格基準の細目のうち、廃止区分の1の項に該当するとして廃止の処置を受けた者のうち、当該学業成績がやむを得ない事由によるものであると認められないとき ・学校内外の規律を乱したなどの理由により、次条第3項の表に定める給付奨学生適格基準の細目のうち廃止区分の2の項に該当するとして廃止の処置を受けた者のうち、学校処分の内容が除籍、退学、無期停学または3ヶ月以上の有期停学であるとき。 (2) 停止 1年以内で在学学校長が定める期間、給付奨学金の交付を停止する。ただし、停止の事由が継続している場合は、当該停止期間を経過後1年を限度として在学学校長が定める期間、停止を延長する。 (3) 警告 ・ 給付奨学金の交付を継続する。 ・学業成績の向上に努力するよう指導するとともに、学業成績が回復しない場合、次回の適格認定時以後に給付奨学金の交付を停止し、または給付奨学生の資格を失わせることがあることを警告し指導する。 (4) 継続 給付奨学金の交付を継続する。 (5) 復活 給付奨学金の交付を復活する。 (※出典:奨学生の適格認定に関する施行規則第10条)

【関連記事】