Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

北村匠海の声の特徴は? さかいゆうが「この人は息の長い活動になるだろう」と感じた長所

配信

J-WAVE NEWS

J-WAVE(81.3FM)×「MUSIC FUN !」連動企画である、深夜の音楽座談プログラム『WOW MUSIC』。“すごい”音楽をつくるクリエイターが“WOW”と思ういい音楽とは? 毎月1人のクリエイターがマンスリープレゼンターとして登場し、ゲストとトークを繰り広げる。 【画像】北村匠海、ピース 5月のマンスリープレゼンターは、シンガーソングライター・さかいゆう。5月15日(金)のオンエアでは、DISH//の北村匠海がゲストに登場し、ふたりで音楽談義を繰り広げた。

北村のボーカルは「Aメロの頭と語尾を大事にしてる」

DISH//『Shape of Love』は、さかいが作曲を、北村が作詞を担当した。ふたりが楽曲制作エピソードを語り合った。 さかい:俺が先に曲を作って渡しました。そのあと何からはじめた? 北村:とにかく家で流しまくりました。そうしたら、ピアノのメロディーがすごくきれいで、さかいさんのメロディーが、映画のように世界を広げてくれたんです。匂いだったり景色だったり季節だったり、いろんなものの思い出を反復しているうちに歌詞が書けました。 さかい:うれしい。実は、デモを作った時点では逆のことを思ってました。小さな世界や日常の些細なことにフォーカスした曲になるのかなって思っていたんです。だから、初めて出来上がりを聴いたとき、壮大になっていてビックリした。ひとつの理由は、匠海くんのボーカル。だいたいの人はサビに特徴が出るんだけど、匠海くんの場合はAメロの頭と語尾を大事にしてる。それをナチュラルにこなしているから、にくいんだよな(笑)。 北村:うれしいなあ。 さかい:でも、どちらかというと親のおかげかなって思うな。語尾を発して話すときに、いい声帯のかすれがあるのは持って生まれたもの。テクニックでしようと思うと変になる。歌がうまいとか下手とかとは違う部分なんだよね。「得する声をしているな」と思った。この人は息の長い活動になるだろうなと、Aメロを聴いて感じました。

【関連記事】