Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

4-1で日章学園に勝ち切った大津 2年ぶり4度目の優勝まであと1勝

配信

高校サッカードットコム

 “公立の雄”が盤石の試合運びで決勝進出を決めた。  九州高等学校(U-17)サッカー大会(決勝トーナメントから35分ハーフ)は3日目の2月17日にから決勝トーナメントがスタート。午前中の準々決勝で注目校・飯塚を1-0で撃破した大津は、午後の準決勝で日章学園と対戦した。 【フォトギャラリー】日章学園vs大津  8分にアンラッキーな形で日章学園の日吉悠真(2年)にゴールを許したものの、以降は素早い攻守の切り替えと多彩な攻撃パターンで相手を圧倒。3-5-2の最前線に入る主将・半代将都(2年)と宮原愛輝(2年)、トップ下の坂本充(2年)が中央から崩せば、右の杉山佳宏(2年)と左の大島清(2年)の両ウイングバックもサイドからチャンスを作った。すると、16分に大島が左サイドからクロスを入れると、半代が右足で合わせて同点に追い付く。  試合を振り出しに戻した大津は、以降も手を緩めずに攻撃を展開。22分にはPKを獲得すると、宮原が冷静に沈めてすぐさま逆転に成功した。以降も中央と外を巧みに使い分けるアタックを仕掛け、守っても森田大智(1年)と藤井瑛斗(2年)が中盤でボールを奪って相手に自由を与えない。  迎えた後半も攻守で高い集中力を発揮。61分には宮原が巧みなボールコントロールから強烈なショットを右足で決め、リードを3点とした。終了間際にも大島のクロスから坂本が右足でネットを揺らして勝負あり。4-1で勝ち切った大津が2年ぶり4度目の優勝まであと1勝とした。  充実の攻撃陣に盤石の守備陣。試合後、古閑健士監督も選手たちの頑張りに賛辞を送った。とりわけ、高い評価を与えたのが、ディフェンス面だ。 「1失点したけど、きちんと奪う作業ができていた。うまく奪って、攻撃につなげる。特にカウンターを仕掛けられた際に、素早く自陣に戻ることはずっと話していて、瞬時に2人、3人が戻れていた」  18日の決勝では九国大付と対戦する。フィジカルの強さは今大会随一で、最終ラインや最前線には当たり負けしない選手をずらりと揃えている難敵だ。その相手にどのような戦いを見せるのか注目が集まる。

【関連記事】