Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

持続化給付金200万円が入金されるまで、中小企業社長が自力でやった「コロナ融資・給付金の資金調達」

配信

MONEY PLUS

もうひとつは、売上台帳が、認められない画像だったとのこと。どこが問題だったのか、具体的な指摘がないため一切不明です。「要項を参考に」と言われても、要項で売上台帳について書かれているのはこれだけ。

「よくあるご質問」もこれだけです。

不備の具体的な対応は自分で考えるしかない

「後は自分で考えろ、ということか……」と、気を取り直して提出した売上台帳を確認します。2020年の方は取引先ごとの売上額が入っていたのですが、前年の2019年5月は、合計額のみで、2020年の売上額の下に、付記的に記していただけでした。

まず、ファイルを2つにわけました。

「よくある質問」には「【売上額】の【合計】を記載して下さい」とあったのですが、2019年の方も、取引先ごとの売上額も入れました。

さらに念には念を入れて、それぞれの年月の損益計算書も添付。

添付書類のフォームには「その他必要な書類」というボタンがあったので、そちらを利用しました。

以上、30分ほどで不備を修正し終えると、マイページのトップから不備に関する表示が消え、以下に切り替わっていました。申請完了の時と同じく、メール通知はありません。 尚、不備が全くない場合は、申込日から2週間前後で、こちらの表示になるようです。この「赤紙」がつまり、「あなたの順番が来ましたので、今、具体的に審査しています」ということなのでしょう。

再び待ち続けるだけ……そしていきなりの入金

不備修正後は、毎日のようにマイページを見ていましたが、「赤紙」が出っぱなし。電話かLINEの問合せは、個別状況の確認は受け付けてもらえないので、相変わらずただ待つだけ……。ほぼ同時期に申請した同業者からは「入金された」との連絡がちらほら。皆、不備がなかった人なので、「不備があった人は、修正からさらに2週間先なのか?」と不安がよぎります。5月末までには入金されていて欲しいのですが……。 結局、修正から1週間後の5月26日8時33分に、弊社のジャパンネット銀行口座に入金されていました。申請から20日後でした。

【関連記事】