Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ナウシカ歌舞伎有料配信開始!鈴木Pのトークショーをオンラインで実施

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 8月26日17時より開始となる歌舞伎の公式有料動画配信サービス「歌舞伎オンデマンド」で、昨年12月に上演された新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』の配信が決定。本配信を記念し、8月29日16時よりイープラス「Streaming+」で鈴木敏夫プロデューサーのトークショー「ナウシカ歌舞伎夜話特別編『ナウシカ歌舞伎 れんが“家”話』」を、ワンコイン500円(税込)で有料配信する。配信時間は70分予定。 【写真】1984年公開『風の谷のナウシカ』  昨年12月の新橋演舞場で、宮崎駿の原作漫画「風の谷のナウシカ」全7巻にわたる壮大な物語の世界を、尾上菊之助、中村七之助、尾上松也、坂東巳之助、尾上右近らの出演により、昼の部、夜の部通しの新作歌舞伎として上演。かつてない試みが話題を呼び、公演チケットの入手が困難だったことから今年2、3月には全国の映画館で「ディレイビューイング」上映が行われた。

 オンラインによるトークショーは、新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』の脚本を務めた戸部和久が聞き手となり、鈴木プロデューサーに「風の谷のナウシカ」の歌舞伎化あたり、原作漫画に込めた思いなど秘話を紐解く。トークは、四方八方の壁がレンガで覆われた鈴木が愛する仕事部屋、通称「れんが屋」で行う。

 トークショーのチケットは8月22日11時よりイープラス(https://eplus.jp/nausicaa-kabukiyawa/)で発売。生配信終了後、9月25日23時までアーカイブ視聴可能。

 「歌舞伎オンデマンド」での新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』の配信期間は、8月26日~9月25日の予定。視聴料金は前編・後編各2,500円、セット視聴4,500円(税込)。現在上演中の歌舞伎座「八月花形歌舞伎」全演目も配信される。(編集部・石井百合子)

【関連記事】