Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

合言葉は「甲子園!」 レシピ動画「クラシル」28歳社長を育んだ 前橋高 の熱量

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NIKKEI STYLE

《連載》リーダーの母校 堀江裕介・dely社長(上)

レシピ動画サービス「クラシル」を運営するdely(デリー、東京・品川)の堀江裕介社長。慶応義塾大学の環境情報学部在学中の2014年に起業した。クラシルのアプリダウンロード数は6月末時点で2300万とレシピ動画で国内トップを走る。世界と戦える企業をつくるという元気印の28歳の経営者だ。その熱い思いを培ったのは群馬の名門校、県立前橋高校での経験。ネット業界注目の若手起業家の原点に迫った。

「甲子園に行くぞ」。これが県立前橋高校野球部の合言葉だった。

前高(通称マエタカ)は地域一番の進学校だったのですが、我々野球部のメンバーは本気で甲子園出場を目指していました。実際甲子園出場経験があり、春の選抜で完全試合を達成した投手も輩出したほどです。 ただ、群馬には前橋育英高校や前橋商業高校など強豪校があり、全国から有力選手が集まってきます。前橋商業には後藤駿太(現在はオリックス・バファローズ)という超高校級の打者もいた。一方で前高に入学できるのは、県内の各中学で成績がトップクラスの生徒に限られます。普通に練習していては絶対に勝てません。 入学時の野球部の入部希望者は100人程度いました。それが日を追うごとにどんどん辞めて30人ぐらいになる。練習は授業終了後の15時半頃から始まり、全員練習は19時ごろに終わる。その後各人が自主練習を行い、23時ぐらいまで続ける部員もいる。しかも朝練もやっていました。 決して監督やコーチから強要されたわけではありません。練習方法も自分たちで考え、研究して決めるのです。声を出して全員で走るなどの非効率的な練習はしません。それぞれが個別に体力や体調などを考えてアップします。データを分析し、ウエートトレーニングなどもやります。プロテインも飲み、体重も30キロぐらい増えました。自分で栄養学も学びました。 スポーツ万能の選手を集めた強豪校に勝つには、頭を使うしかない。野球部内に試合の撮影や分析の各チームを設け、相手投手の癖や配球のデータなど集め、分析しました。ベンチャーが大企業に立ち向かうのも同じです。相手を徹底的に研究、分析すれば、活路は見えてきます。 「堀江は席替えはなしだ」。担任の教師からよくこう怒鳴られました。猛練習に疲れて授業中によく居眠りをしたので、常に席は一番前でした。あの頃はとにかく強豪校に勝ちたい一心で、勉強は二の次だった。 先輩たちの中にも3年間は野球漬けで浪人して東京大学や京都大学に進学する人がいました。難関大に受かる先輩は時間管理に厳しかった。高校から遠いところに自宅のある人もいて自転車通学なのですが、「時間が惜しい」と練習が終わると、猛ダッシュで駐輪場まで走っていました。 高校2年生まで内外野を守り、実力が付いてきたと自信を持ち始めた秋に疲労骨折で腰痛になり走れなくなった。悔しい思いをしましたが、その後は打撃だけに専念しメンバー入りは果たしたもののレギュラーとして活躍することはありませんでした。結局、前橋育英には勝てましたが、後藤君のいる前橋商業には勝てなかった。センスが違うと痛感しました。予選の県大会ではベスト4止まりでした。

【関連記事】