Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍で機運高まる資産運用 始める前の注意点3つ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NIKKEI STYLE

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2020年3月には世界の株価は大きく値下がりしました。この下落を好機ととらえて、投資を始める人が増えているようです。 筆者はファイナンシャルプランナーとしても活動していますが、ここ数カ月で「資産運用を始めたいけれど、何に投資すべきか?」という相談が増えています。こうした相談には、「資産運用の大原則」を説明したうえで、相談者の年齢、運用できる期間、余裕資金などを考慮し、アドバイスをしています。やみくもに始めてしまうと、損をしてしまう可能性もあるからです。 本稿では、その資産運用の原則3つと、投資信託を利用した資産運用の方法を紹介します。これから投資を始める人はチェックして下さい。

■資産運用の大原則1  「投資は余裕資金で」

資産運用の原則1つめは、投資は余裕資金で行うこと。 投資は、成長が見込めるであろう企業などに、お金を投じて利益を得る行為です。投資先の価値が上がれば、利益を得ることができますが、反対に投資先の価値が下がると、資産は減ってしまいます。 よって、投資は、しばらく使う予定のない余裕資金で行うことをおすすめしています。詳細は後述しますが、運用できる期間が長ければ、利益が出る可能性も高くなります。 また、投資にかける金額は、損失が出ても家計や精神に大きなダメージを及ぼさない範囲内で行った方がよいでしょう。損失の評価については、老後資金のための投資であれば、退職後の生活を30年(360カ月)と仮定して試算すると分かりやすいかもしれません。180万円の損失で、180万円÷360カ月=5000円、つまり1カ月あたり5000円の生活費が減るイメージですね。

■資産運用の大原則2 「利益を得るには時間が必要」

2つめは、投資で利益を得るには時間がかかる、ということ。早くたくさんもうけたい、という気持ちは分かりますが、そういった「おいしい話」は、通常ありません。 まずは、いわゆる経済成長のスピードがどれくらいか、ざっくり知っておくとよいかもしれません。 たとえば、株式市場の指標の一つに、「時価総額」があります。これは、株価に発行済み株式数を掛けたものです。この10年間で、世界全体の時価総額は約1.8倍に増えました。もし10年前に世界全体の株式を買っていたら、資産が1.8倍になった、ということですね。また、国際通貨基金(IMF)が公表している世界全体の経済成長は、毎年おおむね3~4%程度です。 単純に比較することはできませんが、こうした経済成長の指標を大きく上回る投資の手法……たとえば「1年間で資産が10倍になる方法」「短期売買で億万長者に」といったものは、かなり大きなリスクをとっているはずです。 予測があたれば大きな利益を得られますが、損をする可能性も大きいということ。こうした方法で、長期間にわたって利益を得られる人は少ないと思われます。

【関連記事】