Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヘンリー王子&メーガン妃、一般人と同様に「新型コロナウイルス」に関する政府要請に従うことに

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 新型コロナウイルスのパンデミックの折、サセックス公爵夫妻も適切な予防措置をとって安全を確保している。 バッキンガム宮殿の情報筋によると、ヘンリー王子とメーガン妃はイギリス政府のアドバイスに従って、ウイルス予防に努めながら生活しているという。夫妻は先週、王族としての最後の公務を終え、すでにカナダに戻っている。 【写真】雨でも晴れでも優雅! ロイヤルファミリーの傘差しスタイルアルバム 「(サセックス公爵夫妻は)イギリス政府のアドバイスを聞き入れ、適切な措置を取っています。一般の人と同じように、政府のアドバイスに従い、検査で感染が確認された人と接触していたことがわかれば通知を受け、相応の行動をとります」と、情報筋がBAZAAR.comに語っている。「個人の医療の詳細については、コメントも指示も出しません」 パンデミックの懸念が高まっていたことを理由に、夫妻は生後10ヶ月のアーチーをイギリスに連れてこなかったことが、先日報じられた。 サセックス公爵夫妻だけでなく、他のロイヤルファミリーのメンバーも新型コロナウイルスの影響を受け、チャールズ皇太子とカミラ夫人、ケンブリッジ公爵夫妻、もちろんエリザベス女王も予定されていた公務を中止または延期している。

Translation: Mitsuko Kanno from Harper's BAZAAR.com

【関連記事】