Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【レース回顧】東西重賞を制覇したロードカナロア産駒/簡単血統塾

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
netkeiba.com

◆先週の血統ピックアップ ・9/13 セントウルS(GII・中京・芝1200m)  好位を追走したダノンスマッシュが直線で力強く抜け出し、6つめの重賞タイトルを獲得しました。昨年の8月以降、馬券圏内に入れなかったのは、距離が長かった安田記念、重馬場の高松宮記念、海外で行われた香港スプリントの3レース。いずれもGIレースなので相手が強かったという面もあるでしょう。GIIとGIIIでは全勝しています。  母スピニングワイルドキャットはハリウッドワイルドキャット(米3歳牝馬チャンピオン)の娘で、ロベルト4×3という重厚なクロスを持ちます。ダノンスマッシュ自身はサンデーサイレンスが入らないこともあり中距離向きにはならず、母のスピードと底力がよく表現された質の高いスプリンターとなりました。本馬はスプリント路線におけるロードカナロア産駒の代表格。重賞6勝は父の産駒のなかではアーモンドアイの8勝(海外を含む)に次いで2番目です。スプリンターズSを勝てば初のGI勝ち、そして親子二代制覇となります。 ・9/13 京成杯オータムH(GIII・中山・芝1600m)  2番手を追走したトロワゼトワルがゴール前の激しい追い比べを制して2連覇を達成しました。昨年は超ハイペースで逃げてレコード勝ち。今年は少し時計の掛かる馬場で2番手から抜け出しました。戦術の幅が広がったのは成長の証しでしょう。  父ロードカナロアは日曜日に東西の重賞を制覇。今年のサイアーランキング(地方を含む)はディープインパクトに次ぐ第2位です。3位ハーツクライにはセーフティーリードをつけているので、2年連続で2位を確保するのはほぼ確実です。「ロードカナロア×ハーツクライ」の組み合わせは他にケイデンスコール(新潟2歳S)、ヴァルディゼール(シンザン記念)などが出ており成功しています。トロワゼトワルを含めて勝った重賞はすべて芝1600m。好マイラーを出しやすい配合パターンといえます。 ◆今週の血統注目馬は? ・9/20 納屋橋S(3勝クラス・中京・芝1600m)  登録馬の父のなかで中京芝1600mに強い種牡馬はロードカナロア。連対率33.9%は、2012年以降に当コースで産駒が20走以上した45頭の種牡馬のなかで第1位。このレースには産駒のカイザーミノルが登録しています。今回は昇級初戦でなおかつ休み明け。相手も決して楽ではありませんが、いずれ重賞でも好勝負をするであろう素材なので、ここでも勝ち負けに絡んでくるはずです。 ◆今週の血統Tips  先日、社台スタリオンステーションから2020年の種付け頭数が発表されました。全30頭のうちベスト10は以下のとおり(カッコ内は種付け頭数の前年比/今年の種付け料)。 242頭 キズナ (+78頭/600万円) 240頭 エピファネイア (+16頭/500万円) 196頭 レイデオロ (初年度/600万円) 186頭 ドレフォン (-18頭/300万円) 179頭 ロードカナロア (-66頭/2000万円) 178頭 ドゥラメンテ (-6頭/700万円) 178頭 ブリックスアンドモルタル (初年度/600万円) 176頭 リアルスティール (-1頭/250万円) 165頭 オルフェーヴル (+113頭/300万円) 163頭 モーリス (-49頭/400万円)  体調面を考慮して種付け頭数を絞った馬もいるので、数の減少が必ずしも人気の低下を示すものではありません。しかし、増えた馬については素直に評価していいと思います。78頭増のキズナ、113頭増のオルフェーヴルは目を惹きます。前者はこれまで、どちらかといえば日高の繁殖牝馬が中心でしたが、今年はノーザンファームの繁殖牝馬と数多く交配したという話も耳にします。種付け初年度のレイデオロ、ブリックスアンドモルタルも相当な活躍が見込めます。ラインナップを見ると数年前とはすっかり様変わりしており、新しい時代の到来を感じます。  (文=栗山求)

【関連記事】