Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ボールマーカーはボールの後ろじゃなくてもOK?グリーン上でのルールまとめて教えます!【ゴルフルール早わかり集】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

2019年1月1日より施行された新・ゴルフ規則をわかりやすく解説する書籍「GOLF DIGESTゴルフルール早わかり集2019-2020」より、パッティンググリーンに関するルールをまとめてご紹介。しっかりおさらいしておこう。

Q:グリーン上の球を拾い上げる際、球の横にマークしてもいい?

答え:球のすぐ近くなら横や前にもマークできる。 解説:パッティンググリーン上の球を拾い上げるときは、球のすぐ近くにマークしているかぎり、球の前や横にボールマーカーを置いても構わない。

Qパッティンググリーンの上の球とは?

答え: 少しでもパッティンググリーンに触れている球 解説:球の一部がパッティンググリーンに触れているなら、パッティンググリーン上の球。ジェネラルエリアにも触れているとしても「その場合、特定エリアの球とする」決まりもある。

Q:グリーン上の砂やバラバラの土は、取り除いていいか?

答え:パッティンググリーンの特例として取り除ける。 解説:パッティンググリーン上のものに限って取り除くことができます。砂とバラバラの土はルースインペディメントではないので、 パッティンググリーン以外の場所でストロークに影響する場所にあるものは取り除けません。

Q:スパイクマークや傷跡は修理していい?

答え:人間や動物がつけた傷は修理することができる 解説:例えば、ボールマーク、スパイクマーク、人が引っかいた傷、動物の足跡など、パッティンググリーン上の人や動物などによ る損傷は、その種類に関係なく修理することができます。

Q:グリーン上の凹凸は修理することができる?

答え:窪みや凹凸は修理不可。 解説:損傷しているのではなく、元々自然にある凹凸を修理することはできません。ストロークに影響する場所を改善したことになれば2罰打。

Q:グリーン上の球を動かしてしまった! 罰がある?

答え:偶然なら動かしても 罰はない。 解説:パッティンググリーン上の球を偶然に動かしてしまった場合は罰なしにその球を元の場所に、リプレースしなければなりません。わざと動かした場合は1罰打を加え、リプレースします。

Q:マークして拾い上げる前に球が自然に動いた場合は?

答え:止まったところから罰なしにプレー 解説:拾い上げる前の球が自然に動いた場合、その球が止まった新しい位置から罰なしにプレーします。

【関連記事】