Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】糖尿病や高血圧は消化器系の「がん」になりやすいって本当?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Medical DOC

さまざまなことが原因で引き起こされる、消化器系の疾患。その原因のひとつに生活習慣病があるようです。言葉だけ聞いてもいまいちピンときませんが、一体どのような関係性があるのでしょうか? はやま消化器内科クリニックの羽山先生に教えてもらいました。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 羽山 弥毅先生(はやま消化器内科クリニック 院長) 東京医科大学医学部医学科卒業後、同大学病院の消化器内科に入局。静岡県立総合病院の消化器科に勤務後、東京医科大学の消化器内科や内視鏡センターにて助教授に就任。東京、阿佐ヶ谷エリアに内視鏡検査を提供できる施設が少ないため、患者様のニーズに合わせた施設をつくりたいという想いから「はやま消化器内科クリニック」を開業。阿佐ヶ谷の健康増進に役立つため、日々診療にあたっている。日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会消化器病専門医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医などの資格を有する。

生活習慣病は消化器系疾患のリスクファクターに

編集部: 消化器系疾患と聞くと胃や腸が悪いというイメージですが、その原因が生活習慣病にあるというのは本当ですか? 羽山先生: もちろん消化器系疾患には、遺伝などが原因で起こるものが多くあります。ただ、実は生活習慣病が原因で消化器疾患に罹患することもあるのです。 編集部: 例えばどのようなものがあるのか教えてください。 羽山先生: 生活習慣病のひとつである糖尿病は、血糖値が高い状態が続く病気ですが、血糖値が高くなると腸内環境が悪くなり、ポリープができやすくなると言われています。血糖値が高い人は大腸ポリープ再発のリスクが通常の人よりも1.74倍、進行性ポリープだと再発のリスクが3.52倍というデータが米国のミネソタ大学がんセンターより発表されています。また、10年以上の糖尿病歴があると、すい臓がんの危険率は50%も上がると言われています。 編集部: 生活習慣病といえば「高血圧」が思い浮かびます。高血圧はどうでしょうか? 羽山先生: 高血圧の方は、血圧を下げる降圧剤の服用が原因で逆流性食道炎になることがあります。降圧剤は食道と胃をつないでいる筋肉を緩めてしまうことがあります。そうすると逆流性食道炎が起こり、食道がんのリスクを高めてしまうのです。逆流性食道炎が出た場合は、医師に相談するとよいでしょう。 編集部: なるほど。ほかにはどうでしょうか? 羽山先生: 脂質異常症という血中に中性脂肪やコレステロールが多くなる病気は、肝臓へ影響を与えると言われています。この状態で生活をし続けると、中性脂肪が肝臓に蓄積して、脂肪肝や肝炎の原因になります。結果、肝硬変や肝臓がんになってしまうこともあるのです。脂質異常症と診断されたら血管だけでなく、肝臓のケアもしっかりと行うべきでしょう。

【関連記事】