Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

浜辺美波“七桜”、横浜流星“椿”と再会を果たすも「今の光月庵には消えてもらう」<私たちはどうかしている>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

浜辺美波と横浜流星がW主演を務めるドラマ「私たちはどうかしている」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第7話が9月23日(水)に放送となる。 【写真を見る】光月庵の名誉挽回のため、圧倒的な腕前で美しい菓子を作る椿(横浜流星) 同ドラマは、安藤なつみによる同名漫画をドラマ化した作品。老舗和菓子店・光月庵を舞台に、和菓子職人の七桜(浜辺)と跡取り息子・椿(横浜)の恋愛模様を描く。 互いに初恋の相手だったが、とある事件を境に“容疑者の娘”と“被害者の息子”という立場となってしまった二人。しかしその15年後、七桜は素性を隠して椿と結婚し、母の無実を証明しようと決意する。 第7話では、光月庵での火事から“3年後”の様子が描かれる。火事以来、椿があまり菓子を作っていないと知った七桜は、そんな椿の姿に絶望し、光月庵を自分の物にすると決意する。そんな中、和菓子の選定会で椿と再会した七桜は、椿が厨房から遠ざかっていたある理由に気づき、心が乱される。 公式サイトで見ることのできる第7話の予告動画や先行カットでは、「今の光月庵には消えてもらうから」と微笑む七桜の姿や、椿に「ママを殺人者にした人のこと、好きになるわけない」と冷たく言い放つ七桜の様子が公開されている。 さらに、「僕だけはずっと君のそばにいる」と七桜を後ろから抱きしめる多喜川(山崎育三郎)や、椿の胸に飛び込む栞(岸井ゆきの)など、それぞれの思いが交錯するシーンも見ることができる。 ■ 第7話あらすじ 新進気鋭の和菓子屋「花がすみ」に、由緒ある五月雨亭の仕事を奪われたことに衝撃を受けた光月庵の面々。名誉挽回のため、椿(横浜流星)は次の週に迫った五月雨亭・新春園遊会の選定会に向け、久々に自分で菓子を作ることを決める。 そんな中、椿は週刊誌の記者から表向きには病死になっている樹(鈴木伸之)の死について真相を問われる。今日子(観月ありさ)が夫の不貞に逆上して刺したのではと聞く記者。椿は、事件当日の今日子の行動を思い出していた。 一方、七桜(浜辺美波)は、偶然栞(岸井ゆきの)に会う。店の名前にあぐらをかいて味を落とした光月庵には負けないと宣言する七桜。七桜が3年間でこんなに変わってしまった理由には、今日子からの執拗な嫌がらせがあった。母・百合子(中村ゆり)の無念を思い、正当な跡継ぎとして光月庵を乗っ取ると心に決めたのだった。 そんな七桜をずっと支え、店を出す支援もした多喜川(山崎育三郎)は、椿との関係を気にしながらも、七桜の背中を押す。 選定会が近づく中、椿はテーマの「月」を表現した繊細で美しい菓子を完成させる。椿の圧倒的な腕前に感動する一同だが、城島(高杉真宙)は腕のいい椿が厨房から遠ざかっていることを不満に感じていた。 選定会当日。七桜は「雲一つない空に輝く月」を表現した菓子を披露し、審査員の心を奪う。勝敗を前に、庭で椿を見つけた七桜は近づいて行くが、椿が厨房から遠ざかっていたある理由に気づき、心が乱される。 数日後。大旦那(佐野史郎)の見舞いから戻った椿は、今日子が選定員の市議会議員・溝口(吉沢悠)に根回しをしていたことを知り、今日子への嫌悪感をあらわにする。 一方、不正に気づいた七桜は、光月庵の牙城を崩そうと今日子と深い仲である溝口に近づいていた。急に頭角を現した「花がすみ」が気になる椿は、ある予感を抱いて店を訪れる。 (ザテレビジョン)

【関連記事】