Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ユニクロ「エアリズム マスク」を丸1日実際に使ってみた【編集部員が本音でレポート】|CLASSY.

配信

magacol

6月19日に発売されたばかりのユニクロ「エアリズム マスク」。発売日には店頭で行列ができたり、SNSで話題にのぼるなど注目度がとにかく高く話題のこのマスク。CLASSY.ONLINE編集室スタッフが実際に着用して、そのマスクの特徴を詳細にレポート。つけ心地や、サイズ感、洗濯の仕方などをご紹介します。 おばさん?エロすぎ?…アラサー世代が注意したい「通勤服」のNGコーデ3選

「エアリズム マスク」はどんなアイテム?

性能の高さとなめらかな肌ざわりを両立! 6月19日(金)よりユニクロ全店およびオンラインストアで発売が開始された「エアリズム マスク」。「マスクとしての防御性能」「洗濯可能」「つけ心地」という 3つのポイントに注目し、性能の高さと肌ざわりのよさを両立させた、オールシーズン用のハイブリッドマスク「エアリズムマスク」が完成させたそう。 表側の「メッシュ素材」と、内側の「エアリズム」の中間には、「高性能フィルター」が内蔵されており、「高性能フィルター」は BFE99%カットを誇り、飛沫、細菌やウィルスが付着した粒子、花粉などをブロック(初期値:バクテリア飛沫捕集(BFE)99%カット、花粉粒子捕集効率99%カット)。また、表側に配した「メッシュ素材」は UVプロテクション機能を有し、紫外線を90%(UPF40)カットします。 3枚入りで990円という、手を出しやすい価格設定も人気の秘密です。 価格: 1パック(3枚組) 990円+消費税 カラー: 白 販売店舗: 全国のユニクロ店舗およびオンラインストア サイズ: 「こども(S)/小学生以上目安」「ちいさめ(M)」「ふつう(L) 」の 3サイズ

「エアリズム マスク」のつけ心地は?

つけた瞬間のひんやり感はあるものの、マスクの息苦しさはやはりある 【表面】 「エアリズム」のロゴがあるほうが内側、肌に触れるように着用します。さらさらとしたエアリズム素材です。

こちらが外側に来るように着用します。少し凹凸のあるメッシュ素材です。UVプロテクション機能があり、紫外線を90%(UPF40)カットしてくれるそう。 飛沫やウイルスカットの性能を持つ分、素材にはそこそこの厚みがあります。いわゆる国から支給された「アベノマスク」ほどではありませんが、一般的な不織布のマスクに慣れている人は、着用した時はその厚さに少し戸惑うかもしれません。 肝心のつけ心地はというと…完全に口を覆うと、あのマスク特有の息苦しさはやはり感じます。しかし、これはフィルターによる厚みによるものなので、性能のあるマスクをしている際には、避けられられないと思います。 着用している際にマスクでガサガサ肌が荒れるような感じはなく、しっとり包まれている感覚があり、これは嬉しいところでした。 「夏用に涼しいマスクが欲しい」と思っている方はちょっと違うかもしれません。「手頃な価格でこれだけの高機能の布マスクが手に入る」という感覚に近いように思います。ちなみに1日着用してましたが、普段のデスクワークではまったく問題なく快適に過ごせました。しかし、駅の階段を登った直後に呼吸が苦しくなったなど、「マスクあるある」な悩みはあります。

【関連記事】

最終更新:
magacol