Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ルーブル美術館が開館できず

配信

テレ東NEWS

パリのルーブル美術館は1日、職員が、新型コロナウイルスの感染を懸念して勤務を拒否したため、閉館しました。フランスのメディアによりますと、職員の代表者300人が臨時の会合を開き、採決で298人が休業に賛成したということです。新型コロナウイルスをめぐってはフランス国内で130人の感染者が出ていて政府が先月29日、感染拡大を防ぐため、屋内など閉鎖された空間で5,000人以上が集まる行事を禁止すると発表しました。ただ管理側は、美術館は現段階で禁止措置の対象ではないとしています。

【関連記事】