Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

浜崎あゆみが取材中に涙、原作者が初めて語ったドラマ『M』制作秘話

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

 浜崎あゆみがスターになるまでを描いたドラマが先日、最終回を迎えたが、原作となった小説にも注目が集まっている。「平成の歌姫の人生を描くまでには、多くの苦労もあった」という作者の小松氏に、今だから話せるあゆへの思いを聞いてみると―。 【写真】浜崎あゆみの歴代彼氏たち! 貴重な松浦会長との2ショットも

初めて語った原作者の気持ち

「昨年5月に歌手デビューした安斉かれんさんが主役の“あゆ”を演じ、彼女が恋するプロデューサーのマサ役を三浦翔平さん、彼の秘書役を田中みな実さんが演じました。濃すぎるキャラクターや、女性同士のいじめや嫉妬など、ドロドロしたストーリーがSNSで話題になりましたね」(スポーツ紙記者)  7月4日、浜崎あゆみがスターになるまでの裏側を描いたドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)が最終回を迎えた。  実は、このドラマには、原作がある。 「昨年の8月1日に発売された、ノンフィクション作家の小松成美さんによる事実を基にした恋愛小説です。浜崎さんが、事務所の社長である松浦勝人さんと恋に落ち、別れに至るまでを浜崎さんの視点による一人称形式で書いています」(同・スポーツ紙記者)  小松氏のもとに執筆のオファーがあったのは、'18年の8月初旬のことだった。 「幻冬舎の社長の見城徹さんから“書いてほしい本がある”というお電話をいただいたことがきっかけでした。内容を聞いたところ、“松浦さんと浜崎さんがひそかに交際していた当時のことを、ドラマにしようという話になった。それには原作が必要なんだ”ということでした」(小松氏、以下同)  ふたりが付き合っていたことは、この本で初めて明らかになった。そんな重要な仕事を任された心境はというと、 「すごくうれしかったです。ただ、私は松浦さんにお会いしたことはなく、浜崎さんに関しても、ヒットソングの数々は聴いていましたが、彼女のことはライブ『a-nation』でしか見たことがありませんでした。それなのに、ふたりの人生の最も大切であろう秘密を私が書いていいのかと思いました」  浜崎と松浦氏に初めて会ったのは、電話でオファーを受けた数週間後のことだったという。それから、取材を重ねていった。 「ふたり一緒にインタビューもしましたし、'18年は浜崎さんの20周年ツアーの最中だったので、その合間に時間を取っていただいたこともありました。最初は“何を話せばいいのかな……”と戸惑っていましたが、当時の出来事は、2人とも手帳や日記を見ることなく鮮明に覚えていました。  ふたりで当時のやりとりについて話しながら、“あゆはそんなつもりじゃなかった”と言って“検証”する場面もあり、見ていてすごくドキドキしましたね」  実際に“平成の歌姫”に会った印象はというと、 「本当にかわいい方で、輝いていました。小柄で愛らしいのですが、多くの人の心を動かす力強さのようなものも感じました。当時のことを話す際は、ときどき頬を赤くして恥ずかしがったり、笑ったりしていました」

【関連記事】