Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

清宮幸太郎、ジョーンズ、福田秀平…パ・リーグ6球団 今季の「誤算」は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

北海道日本ハムファイターズ

 プロ3年目を迎えた清宮幸太郎が殻を破れず、もがき苦しんでいる。8月31日現在、45試合に出場するも打率.181、4本塁打、12打点。得点圏打率も.176とまったく機能していない。それでも栗山英樹監督は辛抱強く、覚醒を待ち続けているが……ファーストの守備でもリーグワーストの6失策と期待に応えられずにいる。最大のウイークポイントであるアウトコースの沈む変化球にも苦慮し、この課題を克服しなければ成績アップは難しい。歴代最多となる高校通算111本塁打を放った怪物スラッガー。その力はこんなものではないはずであり、後半戦では周囲を見返すような倍返しの逆襲を見たい。

オリックス・バファローズ

 メジャー通算282本塁打を誇り“大物”と期待されたが、開幕から精彩を欠いた。四番に座り続けてコンスタントに安打こそ放つも、打点を挙げられず。外野守備に不安もあって指名打者での起用やベンチスタートになることも増えていった。それでも、徐々に輝きを取り戻しつつある。中嶋聡監督代行となった8月21日の西武戦(京セラドーム)からの3連戦では、3試合連続弾を含む4本塁打、8打点と大当たり。30日のロッテ戦(京セラドーム)でも10号3ランを放つなど、長打も飛び出すようになった。後半戦は、チームを勝利に導く一打を多く放ちたい。吉田正尚が好調を維持しているだけに、助っ人砲の復調は、チームの得点力に直結する。

千葉ロッテマリーンズ

 まずは万全の状態にすることだ。ソフトバンクからFA加入した福田秀平が開幕戦の試合後に右の肩甲骨骨折が判明して早々に離脱。7月23日に荻野貴司の故障離脱に代わって一軍復帰以降、なかなか調子が上がらなかったものの8月25日の楽天戦(楽天生命パーク)で3安打2打点と復調傾向にあった。が、29日に右恥骨筋損傷で再び登録抹消。俊足巧打、さらに一発も秘めるリードオフマンとして大きな期待を寄せられた背番号7だが、打率.218、3本塁打、0盗塁と本来の力を発揮できず。全治は1~2週間の見込みだが、早期復帰よりも、万全の状態で今後こそ本領発揮といきたいところ。チームに優勝経験者が少ないだけに、シーズン最終盤、V争いを演じる中で戦力となりたい。

【関連記事】