Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

別名「謝罪する安倍像」 製作者は特定表現を否定も「安倍総理かもしれず、責任ある立場の人かもしれず、少女のお父さんかも…」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 韓国の平昌にある民間の植物園が慰安婦問題を象徴する少女像とその前で土下座して謝罪する安倍総理大臣をモチーフにした像を設置し、物議を醸している。 【映像】銅像の製作者を取材  すべてが濁音で構成された「土下座」という言葉の響き。最大限の「謝罪」や「へり下り」の表現とされている。写真の銅像は平昌にある民間の「韓国自生植物園」が公開したもの。椅子に座った少女の前で土下座する男性。植物園の資料には「永遠の贖罪(しょくざい)」という正式名称のほか、「謝罪する安倍像」といった別名が添えられるなど、安倍総理をイメージしていることが示唆されている。  この作品を私費で製作したキム・チャンリョル園長に真意を尋ねた。    韓国自生植物園のキム・チャンリョル園長は「銅像は安倍総理を想定しているのか」という問いに対して「いいえ。安倍総理を想定したものではなく、安倍総理かもしれず、または責任ある立場の人かもしれず、少女のお父さんかもしれません。安倍総理を特定して表現したわけではありません」と答えた。  これに対して自民党の外交部会会長の中山泰秀氏は「いくら韓国の一般の方の取り組みであっても看過するわけにはいかんというのが私の日本人としての思いであります」と話している。  この問題、韓国国内では作品に理解を示す人がいる一方、「何の意味があるんだろう」「このような感情的対応が本当に愛国とでも思っているのか」「からかうようなことをすれば、日本の嫌韓感情がもっと激しくなる」など否定的な意見が散見されている。(ANNニュース)

【関連記事】