Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プロ卓球選手・森薗政崇が高校生に伝えた大切なコト<森薗政崇オンライン講演会>

配信

Rallys

現在、まだ試合が行えない状況下ではあるが、卓球アスリートたちは、少しでもプレーヤーやファンを勇気づけ楽しませようと数々の取り組みを行っている。 【写真】Zoomを用いて高校生に語りかける森薗政崇 5月26日、世界卓球代表の森薗政崇(BOBSON)が、茨城県の強豪校・明秀学園日立高校卓球部員に対し、Web会議システム「Zoom」を利用し講演会を開催した。今回はその様子を取材した。

プロ卓球選手・森薗が高校生を相手にZoom講演会

森薗のオンライン講演会は「インターハイや全中が無くなってしまったので、少しでも僕の言葉が支えになれば」と5月10日の静岡学園高からスタートしたものだ。今回の明秀日立が9校目で、現時点で13校目まで実施が決まっている。 明秀日立卓球部の吉田匡毅コーチが、別の学校を対象に開かれた会に参加し、今回開催される運びとなった。Zoomを用いたこの講演会には、男女総勢40名ほどの部員が参加し、約2時間に渡って森薗の言葉に耳を傾けた。 「森薗政崇という卓球選手はどんな風に見える?」、「ドイツに行って何に一番苦労したと思う?」など森薗から生徒たちに問いかける形式で会は進行した。 初めはプロ卓球選手を相手に緊張した面持ちだった生徒たちも、コミュニケーションを取るにつれ、次第に笑顔がこぼれるようになった。

森薗が伝えたかった「考え抜くことの大切さ」

森薗はこの会を通して「自らの卓球人生を振り返って、大切なことを伝えたかった」と語る。 実際に話の中では、青森山田中に入学した際、1つ上の代の“三枚看板”である丹羽孝希(スヴェンソン)、町飛鳥(FPC)、吉田雅己(岡山リベッツ)の大きな壁に当たったことを例に出していた。 「僕は小学6年生でホープス優勝して順風満帆だった。ただ、中学に入って彼ら3人に全く勝てなくなった」。ここで森薗は「なぜだと思う?自分の言葉で言ってみよう」と高校生たちに質問を投げかけた。 生徒たちは「中学校と小学校の卓球が違うから」、「相手に研究されていた」などの答えをあげ、森薗は1つ1つに「いいね!」と丁寧に反応する。森薗が明かした正解は「自分で考えて卓球をしてこなかったから」ということだった。 そこから「なぜ自分は勝てないのか」を自問自答して考え抜き、1年2ヵ月かかり新たなプレースタイルを構築したという。その結果、全中やインターハイで優勝、現在は世界卓球代表にまで上り詰めたというエピソードを披露した。 「自分の頭で考えて、自分の身体で実行して、自分で責任を取ることが大事。とにかく1つのことに対してなぜ?なぜ?と深掘りしていく。そして行きついた答えをまずは実践する。そこで失敗してもまた考え直せばいい。この思考法をこれからの人生や卓球道に落とし込んでいってほしい」と考えることの大切さを伝えるとともに熱いエールを送った。

【関連記事】

最終更新:
Rallys