Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソニー最強のノイキャンヘッドホンがAIで進化! WH-1000XM4は便利&高音質、もはやプライスレス

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ギズモード・ジャパン

業界でも最強クラスと名高いソニー製ノイキャンヘッドホンWH-1000XM3。その後継機としてWH-1000XM4が発表されました。M3でよかったところは(ほとんど)そのままに、M4ではノイキャン、音質、便利機能、デザイン性などががさらに向上しています。 【全画像をみる】ソニー最強のノイキャンヘッドホンがAIで進化! WH-1000XM4は便利&高音質、もはやプライスレス 数十分ほど試用する機会があったので、その時の体験を交えながらM4の進化ポイントをご紹介!

ソニー製チップ&アルゴリズムの新ノイキャン

WH-1000XM3を使ったことがある方はわかると思うんですが、ノイズキャンセリング(騒音打ち消し技術)ってすごいんですよ。まるでオン・オフできる防音室みたいな感じで、オンにするとあらゆる騒音がスーッと消えていくような感覚。逆にオフにした瞬間「自分いままでこんなノイジーな環境にいたのか…」と驚愕します。 WH-1000XM4では、そのノイキャン性能がさらにアップしました。特に高音域のノイキャンが強化されていて、家にいて打ち消したい音のツートップである人の声や生活音などがさらに聞こえにくくなっているんです。いまのご時世とてもありがたい! 試用した感覚からいうと(ソニー広報の方がスピーカーで騒音を流してくれた)、相変わらず飛行機の機内で聞こえるようなゴーっとした低音まじりの騒音に対するノイキャン性能はエグかったです。もはや曲を再生していなくてもほとんど聞こえてきません(自分の腹の音にびっくりするレベルの静けさ)。 いっぽう人の声や生活音などのワチャガチャした高音まじりの騒音は、強化されているとはいえさすがに曲なしだと聞こえてきました。といっても1/4くらいに抑えてくれている感じなので、いざ曲を流し始めると自分の脳内補正も相まってほとんど通ってきません。ソニー広報さんが流す騒音が繁華街レベルだったのも考慮すると、一般家庭レベルの騒音だったら相当静かなはず。 で、この新ノイキャンを可能にしているのが、ソニー独自のQN1チップとその上で走る新しいアルゴリズムです。さらなるノイキャン精度を実現するために、毎秒700回も調整しているとのこと。QN1はWH-1000XM3にも搭載されていましたが、M4に来てフルポテンシャルが解放できた形ですね。

【関連記事】