Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

菅井竜也八段、深夜の激闘制しA級初勝利!豊島将之竜王に204手で勝利/将棋・順位戦A級

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 将棋の順位戦A級2回戦が9月15日に行われ、菅井竜也八段(28)が豊島将之竜王(30)に勝利し、自身のA級初勝利を飾った。前名人でもある豊島竜王との対局は、長い序盤を経て、中盤・終盤とお互いの強固な陣形を崩し合うという長期戦。終局時間は、日をまたいで16日の午前1時27分、手数も204手という長手数の激闘を制した。 【動画】菅井竜也八段、深夜の熱戦で豊島将之竜王に勝利!  今期がA級初参戦の菅井八段は、1回戦で羽生善治九段(49)に敗れ本局を0勝1敗で迎えると、先手の豊島竜王が居飛車穴熊を採用したのに対し、三間飛車・銀冠を用いて対抗形に。お互い堅守に構えると、じりじりと崩し合う長い序中盤が続いた。日付が16日に変わって、130手まで進んだところでは終盤に入ったものの、ここから豊島竜王も粘り腰。両者とも決め手を狙う展開が続いたが、終始形勢ではリードしていた菅井八段が最後まで逆転を許さず振り切るようにして初勝利を手にした。  この結果、両者とも今期の成績は1勝1敗に。10人の棋士が総当たりするA級は、2回戦までが全て終了(3回戦も進行中)。無敗の2連勝は佐藤天彦九段(32)と斎藤慎太郎八段(27)の2人だけになっている。現タイトル保持者は、先月初めて名人位を獲得した渡辺明名人(棋王、王将、36)。

【関連記事】