Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

堂安律、ドイツでの“デビュー”を現地特集 「第一歩を踏み出した」「期待を抱かせる」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Football ZONE web

今季からビーレフェルトに期限付き移籍 開幕戦で先発出場してデビューを果たす

 ブンデスリーガ1部ビーレフェルトの日本代表MF堂安律は今季、PSVから期限付き移籍で加入してドイツ挑戦1年目のシーズンを戦っている。ドイツ誌「キッカー」はそんな堂安の現状に注目。本人のコメントを紹介しつつ、特集記事を組んでいる。 【写真】ビーレフェルトMF堂安律が公式戦でドイツのピッチに立った瞬間  堂安は2017年夏にガンバ大阪からオランダ1部フローニンゲンに移籍。19年夏には同リーグの強豪PSVに挑戦の場を移した。21試合3得点の成績を残し、今季からは期限付き移籍でビーレフェルトに加入している。  現地時間19日のリーグ開幕戦では、元日本代表MF長谷部誠と日本代表MF鎌田大地の所属するフランクフルトと対戦。堂安は先発出場して後半28分までプレーし、チームは1-1で引き分けた。  ブンデスリーガでの“デビュー”を終えた堂安に「キッカー」誌は注目。「リツ・ドウアンのデビュー戦は順調に終わった。しかし、アイントホーフェンから来た日本人はまだ改善の余地があると考えている」と綴り、現状と今後への展望を特集した。  記事では、「とてもエキサイティングで、タフなゲームでした。僕たちは良い試合をしましたし、勝ち点1に値しました。次の試合では勝ち点3を取りたいと思います」とフランクフルト戦を振り返る堂安のコメントを紹介。さらに「ビーレフェルトで良い状態になっていきたい」という意気込みにも触れたうえで、次のように記している。 「すでに(堂安は)第一歩を踏み出した。彼自身にも、そしてビーレフェルトにとっても改善の余地はあるが、ニューカマーが持つ意外性のあるプレーと個人能力、それらが実現する攻撃的なゲームは、期待を抱かせるものになるはずだ」  昇格組のビーレフェルトで、堂安は攻撃の中心的存在として大きな期待を懸けられている。

Football ZONE web編集部

【関連記事】