Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

親子の絆を築き続けてきたシングルマザーの虐待事件! なぜ娘はタンスから転げ落ち、意識不明の重体に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

取材・文/長嶺超輝 あまり知られていないが、裁判官には、契約や相続などのトラブルを裁く「民事裁判官」と、犯罪を専門に裁く「刑事裁判官」で分かれている。片方がもう片方へ転身することはほとんど起きず、刑事裁判官は弁護士に転身するか65歳の定年を迎えるまで、ひたすら世の中の犯罪を裁き続ける。 では、刑事裁判官は、何の専門家なのだろうか。日本の裁判所は「できるだけ裁判を滞らせず、効率よく判決を出せる」人材を出世ルートに乗せる。判決を片付けた数は評価されるが、判決を出したその相手が、再び犯罪に手を染めないよう働きかけたかどうかは、人事評価で一切考慮されない。 その一方、「人を裁く人」としての重責を胸に秘め、目の前の被告人にとって大切なことを改めて気づかせ、科された刑罰を納得させ、再犯を防ぐためのきっかけを作ることで、法廷から世の中の平和を守ろうとしている裁判官がいる。 刑事訴訟規則221条は「裁判長は、判決の宣告をした後、被告人に対し、その将来について適当な訓戒をすることができる」と定める。この訓戒こそが、新聞やテレビなどでしばしば報じられている、いわゆる「説諭」である。 本連載の第2回でお届けした幼児虐待の事件と、その裁判官の説諭に関する記事に対し、読者の皆さまから大きな反響をいただいた。 育児中は、子どもがなかなか言うことを聞かず、思わずカッとなる親御さんも多いことだろう。もちろん、カッとなるたびに児童・幼児虐待の事件が起きていてはたまったものではない。 ほとんどの親御さんは、しつけで冷静かつ懸命に対処し、未来を担う子どもたちの人格を誠実に育んでいるはずである。その事実に敬意を表しながら、今回は、数年前に西日本の某都市で発覚した、別の虐待事件ならびに裁判についてまとめさせていただいた。 育児と紙一重の悲惨な虐待事件が、少しでも減るよう祈るものである。

■突然に起きた虐待ではなかった

閑静な住宅街にある地方都市の新興団地。 その住人の多くが、女の子が泣き叫ぶ声と、張り上げられる母の叱責を毎晩のように聞いていた。 「やだーー! いやだぁあーーー!」 「ごめんなさいは?」 「ごめんなさい! ごめんなさい! ごめんなさい!」 中には、その母に注意を促し、たしなめた住人もいた。しかし、母は「うちじゃないですよ」と、シラを切ったり、「娘が全然言うことを聞かないから」と開きなおったりしていたという。 ある夜、その叫び声が突然途絶え、数分後に救急車のサイレン音が、アパート群の狭間に響き渡る。 4歳になる女の子は、意識不明の重体となった。タンスの上によじ登って遊ぼうとしたところを、女児が転落し、頭部などを床に強打したのである。

【関連記事】