Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍に「公園の池」で100円券買って練習…カヌー羽根田卓也がそれでも平常心でいられた理由とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
REAL SPORTS

世界中のアスリートが集い、磨き抜いた技を競う。本来ならば歓声に溢れていたはずの東京は、新型コロナウイルスの脅威にさらされ、例年にはない静かな夏を迎えている。オリンピックが延期になった現在、4年に一度の大目標に照準を合わせてトレーニングに励んできたアスリートたちもこれまでの競技人生では経験したことないような状況下にある。リオデジャネイロオリンピックでアジア人初のメダルを獲得したカヌースラロームの羽根田卓也に話を聞いた。 (インタビュー・構成=大塚一樹[REAL SPORTS編集部]、撮影=高須力)

オリンピックコースが使えない! カヌーから遠ざかった日々

――新型コロナウイルスの世界的な感染拡大、緊急事態宣言の発出される中、東京オリンピックの会場でもある江戸川区のカヌー・スラロームセンターが使用できない状況が続いたと聞きました。現在はどんな状況ですか? 羽根田:そうですね。カヌー・スラロームセンターが使用できなくなってからは、かなり制限された中でトレーニングをしなければいけませんでした。まったくカヌーに乗れない時期がずっと続いて、先週(7月の第5週)になってようやくカヌー・スラロームセンターが使えるようになりました。 ――コースでカヌーに乗るのはどれくらいぶりですか? 羽根田:12月ですね。カヌー自体は池や川で漕いではいたんですけど、人工コースで漕ぐのは昨年の12月以来です。 ――10月には東京オリンピックの出場権を獲得したNHK杯、オリンピックのテストイベントなど、このコースを使った大会も経験していますが、新型コロナウイルス感染拡大までは自由に使えていたんですか? 羽根田:カヌー・スラロームセンターは、日常的に開放されているわけではありません。コースが使える決められた期間に使わせてもらうという感じでした。 ――それがまったく使用できなくなったと。感染拡大以前の予定では2020年のスケジュールはどんなふうに組んでいたんですか? 羽根田:1月は陸上トレーニングをして、2月、3月はオーストラリア合宿。オーストラリアには行けたんですが、その後にこういう状況になったという感じですね。元々の予定では、3月~5月くらいまでは東京のコースでトレーニングをして、5月から6月にかけてはヨーロッパ遠征、オリンピックの3週間か1カ月くらい前に日本に帰ってきて調整という予定でした。 ――例年はほとんど日本ではなく、第二の故郷でもあるスロバキアを本拠にされている感じなんですか? 羽根田:昨年7月にカヌー・スラロームセンターがオープンしてからは日本にいることも増えていましたが、例年はほとんどスロバキアでトレーニングをしていました 。本来ならこの時期はスロバキアで現地の選手たちとトレーニングをしているのがいつもの流れだったんですけど、今となってはスロバキアに行くことも、日本から出ることも難しくなってしまいました。日本でもカヌーに乗ることがなかなかできなくて、今までにないくらいカヌーから遠ざかった、本格的な練習ができない日々でしたね。

【関連記事】