Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍でも「有事の時の金」は健在!純金積立で金を資産の一部に!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Suits-woman.jp

長引くコロナの影響で、お給料が減ってしまったという人も少なくないと思いますが、そんな中、生活費の補填にと「金」を売る人が増えているようです。というのも、新型コロナウイルスが世界中で猛威を奮っている中、金価格が高騰しているからです。昔から有事の時の「金」とはよく言いますが、先行き不透明な今こそ、金を資産の一部に加えるのも良いのではないでしょうか。今回は初心者におすすめの金投資の方法をご紹介します!

新型コロナウイルスの影響で金価格は高騰!

世界中で新型コロナウイルスが猛威を奮っている中、資産の避難先としての「金」に注目が集まっています。2020年8月7日には過去最高の7,769円の高値をつけました。 昔から有事の時には「金」に注目が集まりますが、なぜ、有事の時に金に注目が集まるのでしょうか。株や債券は発行体が倒産してしまった場合には価値がゼロになってしまうかもしれませんが、実物資産である金は価格が下がることはあっても価値がゼロになることはないからです。 また、倒産するまではないにしても、株式などは、世界経済が混乱するような出来事が起こると、価格が大暴落するので、資産の大半を株式で持っていると、大きな打撃を被ることも。 さらに、金は世界中どこにいっても取引できるのがメリットです。お金持ちの人は、世界経済が危機になると、金やプラチナなどの実物資産に資産をシフトさせる傾向にあるよう。それだけ、有事のときには「金」が頼りになるということですね。 とはいえ、金のメリットはわかったけれど、いきなり投資となると尻込みしてしまう……という人も多いはず。そこで、今回は初心者におすすめの金投資の方法をご紹介します。

初心者が金投資をするなら、純金積立がオススメ!

ひとくちに金投資といっても、金に投資する方法は、(1)ゴールドバー(棒状の地金)、(2)地金型金貨、(3)金に投資しているETF ・投資信託、(4)純金積立の4つがあります。 この中でも初心者にオススメなのが、「純金積立」です。純金積立は、純金積立を取り扱っている業者と契約を結び、毎月一定額を積み立てながら金の現物に継続的に投資をしていく仕組みの商品のこと。 純金積立は、「田中貴金属工業」や「三菱マテリアル」などの貴金属商、「SBI証券」「楽天証券」「マネックス証券」のネット証券で始めることができます。 田中貴金属工業・三菱マテリアルでは3,000円から、SBI証券・楽天証券・マネックス証券では1,000円から積み立てることができ、毎月指定の口座から自動的に引き落とされます。貯蓄が苦手という人でも、自動引き落としなら、手間なく簡単に積み立てることができますね。 毎月自動的に引き落としになることに加えて、毎月積み立てることのメリットは、「ドル・コスト平均法」が活用できることです。 純金積立は、毎月3,000円なら3,000円を買い付けていきます。購入額が一定ということは、金の市場価格が高いときには、買い付け数量が少なく、市場価格が低いときには、買い付け数量が多くなります。一般にこの投資法のことを「ドル・コスト平均法」といい、平均購入単価を下げる効果があります。 また、毎月積み立てる以外に、「今金の価格が下がっているから買い増ししたい」「臨時収入が入ったから買い増ししたい」という場合もあるでしょう。その際には、積立日以外でも自由に買い増すことができます。これを「スポット購入」といいます。スポット購入を活用することで、積極的な運用も可能なわけです。 ただし、純金積立は、業者によってコストやサービスの内容はさまざまなので、注意が必要です。 純金積立では、年会費や買い付け手数料などのコストがかかります。年会費は業者に支払う管理費のようなものですが、業者によって無料から数千円程度とかなりの差があります。また、保管料もかかるケースがあります。 買い付け手数料は、購入金額に応じて数%かかります。これは、購入の度にかかるので、積み重なると負担が重くなります。総じて、ネット証券がコストは低いようです。

【関連記事】