Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

出世したければ、会社の“エンジン”と自分の職種を一致させよ。転職を成功させる4つのコツ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
新R25

新型コロナウイルスの登場によって、社会が大きく変化しています。 新R25が立ち上げた新連載「変化の時代にこの一冊」では、これまで多くの本に触れてきたビジネスインフルエンサーたちが「社会が大きく変化している今だからこそ読むべき一冊」をセレクト。 その内容の一部を抜粋して、時代の変化に追いつけるような気づきをお届けします。 もし興味のある本に出会ったら、ぜひ購入してこの機会にじっくり読んでみてください。 今回ご紹介するのは、未経験からエンジニアになる日本一のプログラミングスクールを運営し、自身のYouTubeチャンネルの登録者数が65万人越えの、“マコなり社長”こと真子就有さんが選んだ『転職の思考法』。 博報堂、ボストンコンサルティンググループ後、ワンキャリア最高戦略責任者取締役として活躍する北野唯我さんの著書です。 真子さんは自身のYouTubeチャンネルで「ビジネスマンなら全員必読の一冊。もしうっかり買い逃している人がいたら今すぐ購入してください」とまで語っている同書。 今後のキャリア選択の方法や、働くことへの考え方が180度変わる“転職の思考”について、一部抜粋してお届けします。 なお同書は、転職に関するあらゆる不安や葛藤を分かりやすく説明するために物語形式が採用されています。 転職に悩む主人公・青野に、実際の転職に必要なことを指南するコンサルタント・黒岩仁の言葉を抜粋しました。

転職成功のコツ1.会社選びを「転職エージェント」だけに任せるな

そもそも転職先を探すにはいくつかの方法がある。 1.ヘッドハンティングを受ける 2.転職エージェントに登録し紹介を受ける 3.ダイレクトリクルーティング型のサービスを使う 4.SNSなどマッチングサービスを使う 5.直接応募、または友人から紹介してもらう 出典 『転職の思考法』 自分で採用をしたことがない人間には、すべて同じに見える。 だが、これらは採用する側から見ると、まったく違う。 まず、コストだ。ヘッドハンティングがいちばん採用単価が高く、直接応募や友人の紹介がいちばん安い。 たとえば年収1000万円の人を採ったとしよう。転職エージェントを通じての採用だと、1人300万円近くはかかる、一方で直接応募だと0円だ。 つまり300万円も違う。わかるか?1人採るだけで、だぞ。 ほっといても人が集まるようなポジションは、転職エージェントは使わない。お金を使わなくても集まるからな。 その代わり、ダイレクトリクルーティングやSNSサービスなどを使う。 一方で、普通の応募では採れない特殊な職種や、重要なポジションはヘッドハンティングや転職エージェントを使う。 転職エージェントは、成果報酬型であることがほとんど。 ほとんどの転職エージェントは短期的な視点でしか物事を見ておらず、加えて彼らのビジネスモデル上、1秒でも早く「企業との面接」をするように勧めてくる。 「紹介料」をもらうためだ。 つまり、私が言いたいことはこうだ。 転職エージェントで紹介される案件だけで、転職先を絞ってはいけない。 なぜなら、そこには本当に魅力的な求人が乗っていないことがあるからだ。 様々な手段で会社を探せ。 SNSのサービスや、直接応募、自分で求人を検索するという行為を絶対に忘れてはいけない。

【関連記事】

最終更新:
新R25