Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【THIS IS MY CLUB】仙台の笹氣事業・営業部長に聞いたリモートマッチ運営「ぬいぐるみ大作戦」

配信

サッカーマガジンWeb

Jリーグが帰ってくる。J1は7月4日からリーグが再開(開幕)する。4カ月間、待ち望んだ試合を前に、サッカーマガジンWEBも参加する「DAZN Jリーグ推進委員会」では、18媒体横断企画を実施した。全56クラブの選手・監督・関係者にインタビュー。「THIS IS MY CLUB - FOR RESTART WITH LOVE - 」をテーマに話を聞いた。ベガルタ仙台のスタッフ、笹氣理敬事業・営業部長がウィズコロナ時代のクラブ運営について語る。 仙台のマスコット、ベガッ太とルターナ(写真◎J.LEAGUE)

コロナ禍でもベガッ太は毎日ブログを更新

ーーJ1再開が目前に迫ってきました。 笹氣 やっと、このときを迎えられるという感じですね。ファン・サポーター、スポンサー、そのほかベガルタ仙台を支えてくれているステークホルダーの皆さまに対し、お待たせしてしまいました。 ーー当面2試合はリモートマッチになります。お待たせした人たちに、どのようなサービスを提供していきたいですか。 笹氣 スタジアムに来場したいというファン・サポーターの思いをどのように表現するのか、クラブとしていろいろと考えました。できれば、オリジナリティーを出したいなと。そこでクラブスタッフが考えた企画が「ぬいぐるみ大作戦」です。スタンドにマスコットのぬいぐるみと一緒にファン・サポーターの思いがこもったメッセージボードを並べます。すでに多くの声が集まっています。うちは昨年、「ルターナ」というベガッ太の妹が登場しました。兄妹とともに、スタジアムの客席にずらりと並ぶことになります。ファン・サポーターの方にぬいぐるみを購入してもらう形になりますが、その後はクラブが預かり、地域連係活動などに活用させてもらうつもりです。 ーーコロナ禍では、どのような活動をしていたのですか。 笹氣 コロナウイルスの感染予防を促すために、選手たちにリレー形式で登場してもらう手洗い動画を作成しました。スクールコーチたちは、子どもたちを直接指導できなかったので、「ベガルタチャレンジ」という動画をつくり、自宅でできるレッスンをYoutube、Twitterにアップロードしていました。TikTokではコーチのボールテクニックを公開して再生回数が1万回を超えるものなどもあり、好評でした。スタジアムグルメを自宅で楽しでもらうサービスも展開しました。クラブ公式ホームぺージにテイクアウトのメニューを掲載し、配信することもしました。マスコットのベガッ太も活躍していましたよ。 ーーベガッ太は何をしているのですか。 笹氣 毎日、ブログを更新しています。毎回、ファン・サポーターにクイズを出し、翌日に回答を出すことを繰り返していますね。いいコミュニケーションが取れていると思います。

【関連記事】