Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヒゲダン「Pretender」は辞典に載りそうな歌詞があった ヒットソングを国語辞典編纂者が読み解く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エキサイトニュース

2020年も後半戦。例年この時期になると上半期のヒットランキングが発表され、今年の音楽シーンがそろそろ見えてくるようになる。 カルチャーやトレンドは時代によって変わるものだが、音楽もその例外ではない。いろんなことがあった2020年、音楽にはどんな変化があったのだろうか? 今回は国語辞書編集者である飯間浩明氏に、音楽配信サイト「mysound」のシングル上半期ランキング2020 TOP100の上位51曲を対象に、2020年上半期のヒットソングの「歌詞」の変化や特徴を解説してもらった(※重複している曲やインストゥメンタルは除く)。 ヒットソングの歌詞は、もはや現代詩 ――2020年上半期のヒットソングの歌詞を読んで、全体としてどんな感想を持ちますか?

飯間浩明(以下、飯間):2020年のヒットソング51曲の歌詞を読んで感じたのは「世界」という言葉が多いということです。 たとえば、Official髭男dism「I LOVE...」の<変わり果てた世界>、Uru「あなたがいることで」の<もしも明日世界が終わっても>、家入レオ「未完成」の<いっそ 世界から 消し去っていいのに>などですね。 実際に歌詞で使われている単語のランキングを見ても、2001年には「世界」は61位だったのが2020年には34位になっています。私の印象は数字でも裏づけられています。

――確かに歌詞で「世界」という言葉はよく使われている印象がありますが、どういう風に使われることが多いんでしょうか? 飯間:「世界」は昭和の頃から歌詞に使われていますが「武勲を世界に示す」とか「世界の国からこんにちは」とか、「外国」の意味で使われることも多かったんですね。 でも、最近の「世界」は、実際にあるこの世界だけでなく、仮定の世界や理想の世界、自分の内面の世界なども含めた、より広い意味で使われています。 ミュージシャンは「自分はどういう世界で生きたいのか」「その世界をどうしたいのか」といったことを言葉にしています。歌の中にひとつの「世界」を作り上げるようになったんですね。

【関連記事】