Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ 宮古と八重山で情報格差

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
宮古毎日新聞

宮古は原則として本庁対応、八重山は独自判断で密度高く

 新型コロナウイルスについて、沖縄県内の離島である宮古と八重山で情報に格差が出ている。原則として県の本庁に情報管理を委ねる宮古保健所に対し、八重山管内の県出先機関は独自の判断でPCR検査の結果やクラスター(感染者集団)に関する情報を発信。同じ県内離島でも、市民が受け取る情報量に大きな違いが生じている。  県には新型コロナウイルス感染症対策本部が設置されており、宮古・八重山地区には宮古地方本部、八重山地方本部がそれぞれある。県の出先機関を中心に構成されている。  宮古地区では保健所と宮古病院が緊密な連携で情報を集約し、これを基に地方本部で対策が講じられているようだが、宮古島市はこの会議に参加できていない。「いつ会議が開かれているのかも分からない」(市幹部)という状況で、市に与えられる情報等は限られている。報道機関への会議開催告知も協議内容の発表もない。新型コロナに関する情報については、本庁で一元管理して発表するという原則に従っているものとみられる。  一方、八重山管内の県出先機関は宮古とは全く異なる対応をしている。本紙が県八重山事務所と県八重山保健所に確認したところ、地方本部の会議には石垣市の担当課が加わっているといい、県と石垣市が情報を共有している。  また、感染の拡大を受けて地方本部会議をほぼ毎日開いているというが、事前に記者クラブを通じて八重山地区の全報道機関に会議の開催を告知していることも分かった。  会議そのものは非公開としているが、終了後に八重山事務所長と八重山保健所長が報道陣の質問に受け答えする。クラスターなど多くの情報が必要とされる事案が発生した場合は記者会見を開き、広く市民に可能な限りの情報を提供している。  八重山事務所が公式発表する情報は、感染者や入院者、宿泊施設で療養する人の数など限定的だが、情報の発信源となって報道各社の取材に応じていることから、日々の紙面や報道番組で濃厚接触者の有無等も具体的に報じられている。  情報発信をめぐるこうした違いに、宮古管内の関係機関の間では不満がくすぶる。宮古島市の内部でも情報共有の在り方に疑問の声が上がっている。宮古島市議会、与党議員団は要請行動を展開して保健所に迅速かつ正確な情報の提供を求めている。宮古島市も、情報提供を求める文書を宮古保健所などへ送付している。

【関連記事】