Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

毛髪企業のアデランスが「誰でも使える」コスメ商品を発売 本業とメイクの深ーい関係とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

なぜアデランスが? という疑問

 新宿御苑(新宿区内藤町)の目の前に本社を構える、アデランス(同区新宿)。  ご存じ、育毛・増毛・ウィッグなどの商品やサービスを扱う企業で、毛髪という個々人のセンシティブな悩みに寄り添う事業を長きにわたり展開しています。 【画像】メイク商品の中身や価格をチェック(2枚)  そのアデランスが2020年9月、誰でも使える「ユニバーサルデザイン(UD)」を掲げたメイクアップ商品を発売しました。  本業である毛髪事業と、化粧品。一見あまり関係の無さそうな両者ですが、話を聴くとそこには美に対する同社の哲学が通底しているのでした。 ※ ※ ※  今回発売された商品は「BLINDMAKE(ブラインドメイク)UDパレット」。  丸いコンパクトの中には温かなピンクを基調としたリップ、チーク、アイシャドー、ハイライト、アイブローなどの計9色がセットされています。  ブラインドメイクとは「メイクに夢中」という意味で作られた俗語ですが、もうひとつの意味は、視覚障害者が鏡やブラシを使わず自分自身の手や指先でできる化粧技法のことを言うのだそう。  そう、この商品はある全盲の女性の願いをもとに同社が開発した、誰でも使える“バリアフリー”なパレットなのです。

ある全盲女性の願い

 石垣愛華さん。  生後4か月のとき両眼性の「網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)」という小児ガンにより左目を摘出し、義眼に。また右目も5年前、26歳のときに視力を失い、全盲になったといいます。 「この先もう一生、自分でお化粧をすることができなくなってしまった……」  弱視の頃からメイクにあこがれていた石垣さんは悲嘆に暮れますが、ブラインドメイクと呼ばれるメイク技法があることを知ります。  鏡を使わなくても、自分自身でフルメイクができる……! その普及活動をする化粧療法協会でレッスンを受け、石垣さんは大好きなメイクのスキルを身につけていきました。  今回アデランスが商品化に乗り出したのは2019年6月、石垣さんたちが同社を訪れた際「こんなメイクアイテムが欲しいな、と思って」と試作品の原案を紹介したのがきっかけでした。  もともとガン患者などのための医療用ウィッグをはじめ「外見ケア」の分野にも力を入れてきた同社。  同じように外見に関する悩みを持つ視覚障害者にも、自分が望むメイクを楽しめるアイテムを提供できたら――。石垣さんら日本ケアメイク協会のメンバーたちとの共同開発に着手しました。

【関連記事】