Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<橋本環奈>自転車オタクのマネジャーを体現! 和気あいあいとした雰囲気づくりで“チーム総北の華”に

配信

ザテレビジョン

「銀魂」シリーズや「斉木楠雄のΨ難」ではコメディーの才能をいかんなく発揮する一方、「午前0時、キスしに来てよ」(2019年)では王道ラブストーリーのヒロインを演じるなど、確かな演技力でさまざまな役柄を演じ分けている女優・橋本環奈。そんな橋本が、8月14日(金)公開の映画「弱虫ペダル」では、自転車オタクのマネジャー・寒咲幹を演じる。 【写真を見る】坂東龍汰が撮影した橋本環奈のオフショットを公開 「弱虫ペダル」は、累計2500万部突破の人気スポーツ青春漫画を実写化したもので、アニメ好きの主人公・小野田坂道役で永瀬廉(King & Prince)が主演する他、坂道の良き仲間で期待の新人エース・今泉俊輔役で伊藤健太郎、そして自転車競技部のマネジャー・寒咲幹役で橋本が出演。 気弱な少年・坂道が、ロードレースの魅力に目覚め、仲間と共にインターハイ優勝を目指す姿が描かれている。 ■ 躍進を続ける女優・橋本環奈 2020年も目覚ましい活躍を見せ、映画「シグナル100」では、絶望的なデスゲームを解決すべく奔走するヒロインを務め、鬼気迫る演技を披露した橋本。 「小説の神様 君としか描けない物語」(近日公開予定)では、ドSの売れっ子高校生小説家役として、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)と共に甘酸っぱい掛け合いを見せ、大泉洋主演で福田雄一監督がメガホンを取る「新解釈・三國志」(12月11日[金]公開予定)では、ムロツヨシ演じる諸葛亮の妻・黄婦人役として出演することも発表されている。 そんな幅広い活躍を見せる橋本環奈が、2020年夏の話題作「弱虫ペダル」に出演。演じる幹は、オタクと言えるほど自転車を愛している自転車競技部のマネジャーだ。 普段はサイクルショップオーナーである父の寒咲幸司(皆川猿時)の仕事を手伝うため店舗に立つこともあり、自転車の修理もお手のもの。その豊富な知識も生かし、総北高校自転車競技部のサポート役として部員たちへのこまめなフォローを行うキャラクター。 そんな幹がひょんなことから自転車初心者の坂道(永瀬廉)の並々ならぬ才能を見いだしたことで、坂道はもちろん総北自転車部の運命が大きく動き出していく。 坂道にとって幹は頼れる存在であり、必要な仲間の一人。幹もピュアな気持ちで自転車競技に取り組む坂道に対し、叱咤激励を交えつつ優しくフォローを行い、彼の走りを信じ続ける。 坂道や総北メンバーが厚い信頼を寄せる幹という役を橋本が好演している。 原作について「こぼしたくない一瞬一瞬を繊細に丁寧に描かれていて、それに加え自転車レースという題材からも重要な要素となるスピード感あふれる絵がとても大好きです!」とコメントを寄せている橋本は、自身でコミック全巻をそろえるほどの大の「弱虫ペダル」ファンでもある。 撮影中には、原作の世界観をそのまま体現したかのような演技を披露し、制作陣を驚かせる場面も。 現場では永瀬をはじめとしたチーム総北を見守りつつ、監督、スタッフを常に笑顔にさせる圧倒的なトークスキルと表現力も発揮。 さらに、鳴子役の坂東龍汰とスタッフのカメラで撮り合う仲むつまじい一幕も見せるなど、和気あいあいとした雰囲気づくりで撮影を盛り上げた。 汗だくになりながら自転車で走るハードな撮影をこなすチーム総北を和ませ、終始笑顔で支えた橋本はまるで幹そのもの。橋本が、“チーム総北の華”として原作愛をいかんなくさく裂させる。(ザテレビジョン)

【関連記事】