Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「暑さ」「感染」2つの対策するために感染例を知る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

暑さと感染続く

10日、東京の最高気温は35.2℃。今年2回目の猛暑日となりました。東京消防庁の管内では、熱中症疑いでの救急搬送が午後3時までに67件ありました。うち1人、40代の男性が重症です。 新型コロナ対策でマスクをしているため、余計に暑いです。外で人と2メートル以上離れていて会話をしないときは、マスクは外してください。また、室内でも熱中症になるため、警戒してください。 10日、東京で新たに197人の感染が確認され、2週間ぶりに200人を下回りました。年代別で見ると、20~30代が約56%、40~50代が約28%と、40~50代が増えてきている印象です。重症者は24人で、9日より1人多い状況です。

お盆本格化で変わる「人の流れ」

お盆シーズンも始まりましたが、東京では旅行や帰省を控えるよう呼びかけられています。10日の浅草の様子を見てみると、結構人がいるかなという感じはします。 8日・9日の浅草の人出は、1週間前の8月1日・2日と比べて-2.4%。このうち、都内から来た人の割合は87.5%。ほとんどが都内の人で、他県からの観光客は少ないです。 その他の観光地の8日・9日の人出をみていきます。 お台場の人出は8月1日・2日と比べて+18.2%。都内からの人が70.1%です。 一方、神奈川県の箱根の人出は8月1日・2日と比べて+15.9%。都内からの人は18.7%ということで、東京の人は近場で過ごしている印象です。 大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、8月1日・2日と比べて-5.1%と減っています。都内から来た人の割合は1.2%、大阪の人が57.1%となっています。

夏の過ごし方で様々な感染事例も

今年は特別な夏休みとなっていますが、家族で一緒に過ごす時間が増えるため、東京都は家庭内での感染が増えることに注意を呼びかけています。 実際、8日には4人家族のうち3人が感染するという事例がありました。東京では感染経路として家庭内感染が最も多い傾向が続いていますが、家族はまとまって感染する事例が多いということで、とにかく持ち込まないことが大事です。 さらに、夏休みになり、このような事例もでてきました。別居する祖父から、娘と孫2人に感染したという事例。20代男性が夏休みで自宅に泊まりに来た友人から感染した事例。また、別の20代男性は友人と恋人とドライブをして感染したという事例がありました。 感染理由について東京都は、暑くなるためエアコンがよく効くように車の窓を閉めてしまうからではないか、としています。 つまり、「車の中はリスクがある場所と認識してほしい」と東京都は言っています。ドライブ中も換気は重要です。換気の仕方として、最低2つの窓を対角線上に開けて空気の流れを作るのがポイントだということです。 お盆休みに感染が広がらないよう、あらゆるシーンで行動に注意をしないといけません。

【関連記事】