Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

史上最高額は約64億円! オークションで「過去最高」を記録した6つのジュエリー

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ルビーとサファイヤ、エメラルドなどが使われ、1930年ごろに製作された「トゥッティフルッティ(フルーツの砂糖漬け)」とも呼ばれる、カルティエのマルチカラーのブレスレットが今年5月、サザビーズのオンライン・オークションで史上最高値の130万ドル(約1億3900万円)で落札された。 【写真】息をのむほど美しい、麗しきロイヤルジュエリーの歴史 新型コロナウイルスの世界的な流行を受け、高級ジュエリーのオークションはこのところ、オンラインのみで行われている。このときのオークションが大成功に終わったことについて、サザビーズの高級ジュエリー部門の幹部は、「最も困難な状況にあっても、素晴らしい芸術品に対する需要が失われることはないということの証明です」と語っていた。 競合するクリスティーズの幹部もまた、「高級品をオンラインで売買することへの抵抗感が、ようやく薄れてきたようです」と述べている。こうした状況に勇気づけられたクリスティーズは今年、7月末までに高級品のオークションを22回行う予定。そのうち半数が、オンラインで実施されるという。 オンラインで競売が行われることで参加者が増えれば、落札額が最高値を更新する可能性は確かに高まりそう。オークション熱を受け、過去に史上最高値が付いたジュエリーを振り返ってみよう。

ドナースマルク・ティアラ

クッションカットのダイヤモンドとローレルにカットされたホワイトダイヤを並べたバンドの上に置かれているのは、コロンビアで発見され、インドでビーズ加工されたとみられる11個のペアシェイプのエメラルド(合わせて500カラット以上!)。 世界有数の富豪だった グイド・ヘンケル・フォン・ドナースマルク伯爵が1900年、2番目の妻カタリーナのために、フランスのショーメに製作を依頼したとみられている。 2011年にジュネーブでサザビーズが行ったオークションに出品され、落札予想額は500万~1000万ドルだったものの、ティアラとしては過去最高の1273万6927ドル(約13億円)が付けられた。

【関連記事】