Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドラフト指名請負人の育成術。 元広島・西田真二が選手に伝えていること

配信

webスポルティーバ

「ボールの勢いがあるとか、いいものを持っている選手はこれまでいくらでも見てきましたよ。でも、もうひとつ突き抜けていかないと、上(NPB)のレベルには行けません」 【写真】ドラ1に明暗。小園海斗と中村奨成、プロで生き抜くリアル  マスク越しに見える眼光は鋭くも温かみがある。まるで西田真二監督の指導者としてのスタンスを象徴しているかのように。  現役時代はPL学園のエースで4番を担い、1978年夏の甲子園優勝。法政大でも外野手として5度のベストナインを獲得。エリートコースを歩んだ末、西田は1982年にドラフト1位で広島に入団した。  プロではおもに代打の切り札として存在感を示し、1991年には規定打席にこそ到達しなかったものの、シーズン後半に4番打者としてチームのリーグ優勝に貢献。「トラ」の愛称で親しまれた。  現役引退後は、長らく独立リーグの四国アイランドリーグplusの指導者を務めた。リーグが創設された2005年は愛媛マンダリンパイレーツの監督に就任。1年挟み、2007年から2019年までの13年にわたり、香川オリーブガイナーズの監督を務めた。  又吉克樹(中日)ら、NPBのドラフト指名を受けた教え子は20人を超える(育成ドラフト指名を含む)。西田監督の確かな指導力と、NPBスカウト陣へのプレゼン能力の高さは球界で評判になっていた。  そんな西田監督はここ数年、「独立リーグではやり切った」という思いを抱いていたという。そんな折、タイミングよくセガサミーからの監督就任の打診を受け、社会人野球の世界に移ったのだった。

独立リーグと社会人野球の違いを聞くと、西田監督はこう答えた。 「独立リーグはNPBと比べて規模は小さいけど、地域密着でスポンサー収入や観客動員、グッズで収益をあげる。社会人野球はセガサミーのような企業チームの場合、野球で就職しているところもある。野球を通じて仕事も学び、家族を養う人もいます」  独立リーグに所属する大半の選手はNPBからのドラフト指名を目指し、報酬や練習環境に恵まれているとは言えない。一方の社会人野球はチームによって千差万別ながら、有名企業チームであれば会社員として恵まれた環境でプレーし、引退後には社業に専念するため生活が安定しやすい。  集まる人材も対照的で、社会人野球には名門大学出身のエリートやドラフト候補が入社する一方、独立リーグには高校・大学の中退者など野球界のエリートコースから外れた選手が集まる。  西田監督は「独立リーグの選手には自活する力がある」と語る。 「危機感を持って過ごしているし、シーズンオフは球団から給料が出ないからアルバイトをして生活しなければなりませんから」  かといって、社会人野球が「温室」だというわけではない。西田監督は続ける。 「会社あっての社会人野球やから。選手にしても、引退後に企業に残って会社の戦力にならなければいけないわけです」  企業がチームを保有するには、年間数億円のコストがかかる。業績が悪化し、野球部を休廃部するケースも珍しくない。

【関連記事】