Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

10月から変わる値段 「酒税」どうなる?新たに始まる“クーポン”は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

10月1日から、私たちの身の回りのものや賃金などに変化が。気になるクーポンも開始します。

変わる「酒税」 第3のビールは引き上げへ

まずは、お酒の税率「酒税」が変わります。これはお酒の種類によって引き上げと引き下げがあるので注意が必要です。 まずは「ビール」ですが、「ビール」は引き下げとなります。これまでは350ミリ缶で77円でしたが、7円引き下げて70円になります。 また、「発泡酒」は据え置きで46.99円のままとなります。 そして、「第3のビール」は引き上げです。これまで28円でしたが、およそ10円上がり37.8円となります。「第3のビール」は割安感がありましたが、これが値上げになるということで、いま駆け込み需要が起きています。 それを受け、スーパーや量販店などでは第3のビールがケースで売れています。 ビール各社の9月における第3のビールの出荷は2019年の同じ時期と比べて、3割から5割増となりました。 新型コロナウイルスの影響で、自宅でお酒を飲む「宅飲み」需要が広がりました。中でもビールや発泡酒よりも安く買える第3のビールの売上が伸びました。 それに加えて、駆け込み需要が重なって、売り上げ増につながっているということです。

同じビール系なのに税率がバラバラ?

ビール、発泡酒、第3のビールは原材料や作り方は違いますが、似た商品であるのにナゼ税率が違うのか?という疑問がありました。そういった「公平性」を保つため、これまでかなり差があった税率を統一していくことが進んでいます。 そこで、ビールの税率を下げ、第3のビールの税率を上げることで、2026年の10月にはビールも発泡酒も第3のビールも、税率はすべて350ミリ缶で54.25円に統一される動きが進んでいます。 そして、公平にしていくのは、日本酒とワインも、となっています。 10月1日から、これまで少し税率が高かった日本酒は引き下げに。720ミリリットルの瓶でおよそ7円引き下げ79.2円になります。 一方、少し税率が低かったワインは引き上げに。750ミリリットルのフルボトルで7.5円引き上げで、67.5円となります。

【関連記事】