Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソフトバンク逆転負け 方程式まさかの誤算、モイネロが浅村に痛恨の今季初被弾

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
西日本スポーツ

 ◆楽天7-6ソフトバンク(4日、楽天生命パーク宮城)  首位ソフトバンクが2位楽天の猛追を振り切れず、逆転負けを喫した。 【写真特集】まさかの一発にモイネロもぼう然  初回に得点圏打率リーグトップの栗原が先制打。さらに敵失で2点を加えた。直後に1点を返されたものの、2回には8番に打順を下げたバレンティンがソロ。再びリードを3点に広げた。  1点返された直後の5回に栗原が再び適時打。ブラッシュの適時打で追い上げられ、先発・千賀は6回3失点で降板した。7回に栗原が犠飛で三たび打点を挙げたが、直後に登板の高橋礼が1失点。8回はモイネロが簡単に2死を取りながら、ブラッシュの適時打で1点差に迫られ、さらに浅村に逆転2ランを浴びた。今季21試合目の登板で初被弾。試合前まで防御率0・95と絶対的な安定感を見せてきた左腕がまさかの誤算だった。  9回は無死から柳田が安打も、中村晃が併殺打。3打点の栗原に走者を置いて打席を回すことはできず、ブセニッツから1点を奪えなかった。楽天とは1ゲーム差となった。

西日本スポーツ

【関連記事】