Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

親の口癖は「うちは貧乏」しかし実際は年収1000万円?!その実態

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

憧れの給与の目安として「1000万円プレイヤーになりたい」などと発言することはないでしょうか。年収の金額が一桁上がればいろいろな夢が叶う。そんな風に思いがちです。しかし、世間からは「勝ち組」に見える年収1000万円家庭に育ったというKさんはそんなことには全く気づかず暮らしていたといいます。

母の口癖は「うちはお金がない」

それはKさんが高校三年生になり、大学進学を考えた時のこと。地方の公立高校に通うKさんは東京への進学を希望していました。そのため、親にはかなりの負担をかけることが予想されました。 「当時の我が家の状況は、会社員の父、週に2日だけパートタイマーとして働く母、私立高校に通う妹と祖母の5人暮らしでした。住宅ローンも残っていて、私も妹も学習塾に通わせて貰っている状態。祖母の年金は家には入れてもらっておらず、母はいつも『家計が苦しい』といっていました。本来なら地元に残るべきとは思ったのですが、私には東京に出てやりたいことがあったので『我が家の状態を考えたら奨学金を借りながら進学するしかない』と考えました」 学校で奨学金募集のポスターを見つけたKさんは、早速在学中に申し込める奨学金の審査に応募するため進路担当の先生に書類を提出しました。すると、後日先生から個別に呼び出されたそうです。 「そこで担当教諭からいわれたのが『Kのうちは収入が多すぎて審査に通らないよ』というセリフでした。私は一瞬意味が分からず『そんなはずはありません。うちは貧しいはずです』と食い下がりました。私が必死に我が家のお金のなさを語ったので先生は少し困った表情で『いろんな控除を引いても高収入に該当してしまうんだよ』と書類一式を返却してきました。そして、私ははじめてそこで父が年収1000万円を超えていることを知りました」 その金額に驚いたKさん。自宅に帰るとお母さんに「うち貧乏じゃないじゃない!」と詰め寄りました。しかしお母さんは「だって実際に毎月大変なのよ?」と答えたそうです。

【関連記事】

最終更新:
LIMO