Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

年なし照準 三重・迫間浦カセ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

 今季絶好調の三重県南伊勢町迫間浦カセで年なしクロダイを狙おうと9月16日、釣行した。前日には54センチが2匹出ていたが、当日はなぜか数釣り五目に。結果は40センチを頭に25センチまでを11匹で、マダイ、シマイサキ、良型アジなどが交じった。  「天陽丸」の桟橋を午前5時半に出船。1番船に乗ったのは私1人。20分ほど走り、養殖小割に付けられた大瀬のカセに渡った。連日、竿が出されている場所なので、モーニングサービス狙いで仕掛け作り。1・6メートルの自作竿に2号ライン、針はオキアミチヌ5号。水深18メートル。水温は気温より高い28度あった。  ボケ餌を刺して落とし込むので、1号オモリを針上20センチにかみ付けた。着底したが穂先に動きはない。中層で取られたか確認しようと回収。ボケは無傷だった。再度そのまま前方へチョイ投げ。着底後、アタリがないので置き竿にして団子を用意していると、後ろでガタガタと音がした。  穂先が海面に突き刺さっている。慌てて竿を手にやりとりした。タイ系の引きなので当然クロダイだろうと「モーニング頂き!」とニンマリ。ところが、水中に見えたのはピンク色。ガックリだが、玉網に納まったのは41センチのマダイだった。  再度ボケで落とし込むが、餌を取られたので団子釣りにシフト。米ぬかメインの自作団子に缶詰コーンと激荒サナギを加えた。オモリは外して完全ふかせ、針3~5号。刺し餌はオキアミで始めた。着底後、数秒で団子が割れたが穂先に動きがない。誘って上げるとオキアミは無傷だ。  刺し餌をコーン、サナギ、さらにミックス刺しで打ち返すがダメ。底から2メートル上で宙切りして落としても変化なし。オキアミの刺し餌で打ち返すと1時間ほどして団子に触りアタリが出始めた。団子がモゾモゾアタリで割れ、刺し餌にもモゾモゾ。少し間をおくと穂先を押さえ込んだ。これを大きく合わせると、ガツンと針掛かりした。  盛期のクロダイの引きはパワフルだ。だが、底を切ってからは重さがない。玉網入れした1匹目は30センチだった。さらにオキアミで打ち返すと、シマイサキが釣れだしたので、団子に激荒サナギミンチを混ぜ、さらにアンコで入れる。刺し餌もサナギのかけらを縫い刺して打ち返した。  徐々に団子にアタリが出て、刺し餌も取られだす。刺し餌も粒サナギを1個刺し、2個刺し、3個刺しとローテーションするが取られる。コーンに替えても同じ。団子アタリも中層から出始めたので硬く握る。それでも時に中層で割られると底まで餌が届かない。  コーン、オキアミ、コーンの混合刺しに押さえ込みアタリ。大きく合わせるとガツン。強烈な引きに良型を期待したが、穂先にブルブルした引きはアイゴだ。その後、押さえ込むアタリはアイゴばかり。中層から海底までびっしりアイゴだ。このままではアイゴ地獄が続く。場を休めた後、団子に激荒サナギミンチは入れず、刺し餌もサナギを使わず打ち返した。  昼食後、団子にボラアタリが出てシマイサキが釣れだした。25~40センチのクロダイも3匹。サイズアップ狙いで激荒サナギミンチを団子のアンコにし、刺し餌も粒サナギで打ち返す。だが、団子アタリがボラからアイゴに変わりだす。刺し餌にもアイゴのアタリ。再びアイゴ地獄になったので、オキアミで打ち返す。  団子アタリがボラに変わるとシマイサキ、マダイが釣れる。4時半からの1時間で30センチ前後のクロダイが6匹来たがサイズアップはならず。4時半からは良型アジが回りだし、28、23センチを釣ったが団子切れで終了した。イカダ・カセ料金3000円。船頭いわく「この料金で頑張りたい」。(問)天陽丸=(電)090(3258)8339  (名古屋市瑞穂区・浅井義郎)  台風10号後に一時食いが止まるも、年なし交じりで釣れていたが、当日はほかのイカダではチンタサイズも釣れ、秋の気配が出始めたようだ。私もアイゴ地獄に負けなければ良型が来たと思われる。とはいえ、やはり秋の小型が多くなってくるのがこれからで、そこに年なしが交じるのが11月中旬までのパターンだ。それ以後は数は出ないが大型狙いとなるだろう。今年1月は年なしが数釣れたそうなので、今冬に期待したい釣り場だ。

中日スポーツ

【関連記事】