Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セリカこそ「世界のトヨタ」最大の功労車だ! ラリーで名を轟かせた7台とは

配信

Auto Messe Web

トヨタの世界的イメージアップを創り上げてきたセリカ

 トヨタ・セリカは、1970年の12月に初代モデルのA20系が登場。77年に2代目A40系にモデルチェンジされた、6気筒エンジンを搭載する上級モデルは、やがてスープラと名を変えてグループAによる全日本ツーリングカー選手権(JTC)や全日本GT選手権(JGTC=SUPER GTの前身)で活躍。レーシングカーとしての名声を築くことになりました。一方、本流である4気筒のセリカも、すべての世代がレースやラリーなどモータースポーツで活躍していきました。 【画像】世界一過酷なサファリ・ラリー連覇を遂げたセリカ・ツインカムターボなど歴代セリカ(31枚)  今回は4気筒のセリカにスポットを当て、特にラリーでの活躍を振り返ることにしましょう。

【初代A20系セリカ】バランスの取れたシャシーが大きな武器に  1970年に登場した初代のA20系は、当時としては特別なメカニズムとされていたツインカムの2T-Gエンジンをラインナップ、またユーザーの好みに応じる“フルチョイス”システムが注目されたスペシャリティカーでしたが、実はバランスの取れたシャシー性能が大きな武器でした。そのためにレースでも1600ccクラスの王座に就くことになりましたが、ラリーでも頭角を現すことになります。  メジャーデビューとなったのは、まだ世界ラリー選手権(WRC)が制定される前、72年のRACラリー(現ラリー・ブリテン)でした。本格的なチューニングが施される前で“ノーマルに近い”仕様でしたが、後にTTEを主宰するオベ・アンダーソンのドライブで総合9位/クラス優勝を果たしています。  76年には2Lのツインカムエンジンを搭載したグループ4仕様のRA20がデビュー。スポーツオプションの16バルブ・ヘッドを組み込んだ18R-G改は230馬力を発生していました。 【2代目A40系】16バルブ・ヘッドがお預けとなり苦戦  ベースモデルのモデルチェンジを受け、WRCの主戦マシンも78年の1000湖ラリー(現ラリー・フィンランド)から2代目のRA40に移行しました。77年末で16バルブ・ヘッドの公認が切れ、RA40は当初、8バルブ・エンジンを搭載したグループ2仕様での参戦となり、アンダーパワーに苦しめられます。しかし再度、16バルブ・ヘッドの使用が許可されて80年からはグループ4仕様での参戦となりました。  ただしアウディ・クアトロを筆頭に4WDが勢いを増していく中、リア2輪駆動では苦戦が続き、81年のアイボリーコーストと82年のポルトガルでの2位がWRCにおけるベストリザルトとなり、その82年のポルトガルで現役を退いています。 【3代目A60系】グループBに移行 後輪駆動でサファリ・マイスターに  WRCの主役がグループ4からグループBへと移行した80年代の初頭に、81年7月のモデルチェンジに合わせてラリーカーも2代目から3代目のA60系に移行。レギュレーションの端境期とあって当初はグループ4のRA63で数戦に参戦し、モトガード・ラリー(現・ラリー・ニュージーランド)で期待の新型車両、TA64がデビューしています。先代モデルと最大の相違点はエンジンです。  そのタイプ名からも分かるように搭載されるエンジンが18R-Gから4T-GTEUへと、同じ直4ながらR型からT型にコンバートされていたのです。4T-GTEUのベースとなったのは3T-GTEUですが、ターボ係数をかけて2507ccとなるようにボアが0.5ミリだけ拡大されていました。排気量によるクラスが2500ccで区切られていて、クラスを超えての排気量の拡大は規定上認められていないために、ターボ係数をかけて2478ccとなる3T-GTEUには事実上、排気量を拡大する余地がなかったのです。  こうして誕生したセリカGT-TS(TA64)は、先代モデルから得意としてきたアフリカンラリーに特化した優位性を発揮して、84年にビヨルン・ワルデガルドが優勝を飾り86年まで3連覇を飾っています。

【関連記事】