Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

唾液によるPCR検査を強化、愛知・豊川市が採取場所増へ調整

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中京テレビNEWS

 愛知県豊川市の竹本幸夫市長は17日、新型コロナウイルスのPCR検査を強化する準備をしていることを明らかにしました。  豊川市の高齢者施設では、今月10日から17日までに職員や利用者、家族など21人の感染が確認されており、初めてクラスター(感染集団)が発生しています。  市はこれを受け、保健所と市内の医療機関が協力して唾液によるPCR検査を行うための採取場所を増やすよう調整しているということです。  また、豊川市では16日から高齢者入浴施設3か所を休業するなどして対応。竹本市長は「感染者を差別するような言動は慎んでほしい」と市民に訴えました。

中京テレビNEWS

【関連記事】